tempfileモジュールのメモ

一時的なファイルを使用したい場合は、 tempfile モジュールを使用する

TemporaryFile クラスを使用した場合は、close()されると、tempFileも自動で削除される。
削除されたくない場合は、

のようにする。

tempfileに拡張子をつけたい場合は、 suffixを指定する

subprocessなどで使用したい場合は、closeしないとエラーになってしまうので、
delete=Falseにして、close()したあとにsubprocessを実行する

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*