pymelでDrivenKeyの値を取得する

DrivenKeyのノードは animCurveU* とついている4つのノード。
アクセス方法は、基本通常のKeyと変わらない。
ただし、入力側がTimeではなくValueのため getTime(index) ではなくgetUnitlessIntpu(indes)になる。
indexは0スタート。

名称未設定 1

animCurveのAttributeに表示されているKeys。
左側の数字が getValue や getTime や getUnitlessInput するときの引数になるindex
しゅとくするコマンドは画像の通り。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*