DAGPathを取得する

MSelectionList() は、選択しているノードの一覧を取得するコマンド。
add() で、引数のノードの名前をセット。

pymelやcmdsのように 変数 = 関数() で値を代入するのではなく、
予め代入用の変数を作成し、アクセス用の関数に代入する変数を与える のが、大きな違い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*