選択しているノードを取得する

om.MSelectionList() は、選択しているノードの配列。
まず、空のSelectionListを作る。
MGlobal.getActiveSelectionList()で選択しているノードのリストを取得。

↑の例だと、選択しているCameraノードを取得して、Cameraのアクセス用
関数セットを作成。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*