指定のオブジェクトを構成する頂点(or Edge , Face)を取得する

polyListComponentConversion は、選択形式 Object Vtx Edge Face から 指定の形式に変換して配列で返す。
上の例だと、 -tv は 頂点に変換する。 -te (Edge) -tf(Face)  元がオブジェクト以外を選択していたら -fv -fe -ff のように ~から を、オプションで指定。
このままだと、 帰ってくる値が vtx[*] や vtx[1:4] のように固まった状態になるので、 filterExpandコマンドでこれを分解する。
-sm には、選択されているタイプを数字で指定。 31 は vtx 。
Edge は32 Face は 33 を指定する。
他の書き方としては、
でも同様の結果が得られる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*