PySide覚え書き

Windowの大きさが変化したときに、Widgetサイズも変更する

Policy

アタッチしたいWidgetのsizePolicyプロパティの縦・横方向をExpandingに変更し、

Group

Windowのレイアウトを 水平・垂直に並べる にする。

spacer

画面いっぱいではなく、スペースを作りたいときは、Spacerを入れる。

Back To Top

FileDialogの使用方法

getOpenFileNameの引数で、拡張子のフィルターや、開いたときのフォルダの位置などを指定できる。
上記の場合は、 dds png tga bmp のみ選択できるFileDialogを表示。
返値は(filePath,fileFilterName)

 

Back To Top

windowを1つだけ表示する方法

pysideで if (window -exists xxx == True){} のように、すでにある場合は殺してから新しいWindowを作る方法

UIを作る時に showWindow() を実行すると、すでにある場合は閉じられ、
UIがない場合はtry:内はエラーではじかれて
最終的にfinally:でUI作成コマンドが実行される。

という、エラー処理の仕組みとGlobal変数を使用したコンボでできる。
もっと良い方法はないんだろうか…

Back To Top

PySideの画面サイズと表示位置を設定する

※QCursor().pos() で、マウスのポジションを取得することができる。
位置を変更したいオブジェクトの setGeometry() で変更する。

setGeometry(Window表示位置のx,Window表示位置のy,画面サイズx,y)

Back To Top

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*