mayaPython __file__ とsys.argv[0]

CGのテクニカル屋志望日記っぽく、Pythonで書いてて気になったことを自分のメモをかねて記事UP

pythonで、自分自身のパスを書く場合、

__file__
または
sys.argv[0]
で、書くことができます(同じ内容が帰ってくる)が、MayaPythonの場合__file__は、ファイル自身のパスを。sys.arvg[0]は、Mayaの maya.exeのパスを返してくる という違いがあるようです。やや注意が必要。

あと、この__file__の『自分自身』のパスを というのが、実体なのか実行している.pyなのか気になったので確認したところ、
パッケージ内の関数に__file__があれば、そのパッケージの.pyのフルパス
パッケージ内のクラスの中、クラスのメンバ関数内に__file__があれば、そのクラスの.pyのフルパス
が帰ってきます。基本 __file__ が書かれている .py のパスが呼び出されるようです。

あくまでも、自分自身(.pyファイルの)パスが帰ってくるため、MayaのScriptEditorで print __file__ をやっても、「そんなもんねーよ!」と怒られます。

そんなこんなでPythonとMayaPythonで帰ってくるものが違うので気をつけましょう。

髪の毛切ってコンタクトにしてみた

一眼で写真を取るときにしても、エレクトーンをひくときも、PCのときも 視界の狭さやらがレンズが邪魔だったりと不便を感じていたので、思い切ってコンタクトにしてみました。

とりあえず2ウィークタイプで様子見、だけど 乱視があるみたいで みえてはいるけどぼやけまくって涙目…2週間様子を見るけど、変えてもらう必要があるのかもしれない。

さらに、髪の毛も切ってみました。
普段は1000円のところでバッサリ切って終了だったのですが、たまにはいいだろってことで わりとちゃんとした美容院にいって、シャンプーしてもらってショートにしました。
普段 切る→半年ぐらい放置して伸びる→切る のループなのですが、もう少しこまめに整えないとだめですね。

そんなこんなでメガネが消えてショートになるとだいぶ雰囲気が変わりますね。
自分の顔ながら最高に違和感がありますが、まぁ たまにはこう言うのも悪くない。

あとは皮膚科行って荒れた顔の皮膚を何とかしないとですね。
多少は化け用途は思うのですが、完成まではまだまだとおいいです。

+ずいぶん前から、時計を買おうと思っていてめぼしいものを探していたのですが
いい・・・かもなぁ、どうなんだろうなぁと イマイチぴーんとくるものがなく、ポチるまでにはいかなかったのですが
たまたまマルイの時計屋に寄り道したときに時計屋を眺めていたら ふと目に止まってピーンときて
なんか コレダ コレナンダ!! と、勢いで買いました。
かったのは これ
個人的要望は シンプルで見やすい文字盤 だけど、味気ないシンプルじゃなくて ちょっとデザイナーの粋を感じるデザイン だったのですが、最高に望みどおりです。

携帯で時間は見れるからいいやとおもってはいたけれど、出すのもめんどいし やっぱり社会人なら時計はほしいなと思っていました。
大切に使います。はい。

追記
あとで気がついたけど、これMensだったのね。
ちょっと大きい気がしたけど…まぁMensでも調度よさそうだったので問題ないですが。

Maya Python環境をつくろう

MayaでのスクリプトはMel一択だった私ですが、Melの制限 とくに変数の自由度の無さと、関数の戻り値とかの制限の多さに いい加減嫌になってきたので、完全Python化に乗り出しました。

といっても、自社コマンドがMelだと 色々とすり合わせが出来なくて歯がゆい事になってたので
もう、いっそのこと1からPythonで作り直したほうがよくね?
にいたり、1日2時間ぐらいづつかけて ちまちまコマンド書き換えしていくことにしました。
本当は1ヶ月ぐらいそれに集中したいところではありますが、プロダクションワークやら他の書き仕事もあり 時間ができたときにまとめてやる なんぞ、永遠に来ないのはアタリマエのこと。
一応、そのまま翻訳して 一対一でコマンドつくろうかとも思ったのですが、それだとあまり意味が無いので
再設計して、整理して使えるように整備する なおかつ、プログラムにとっつきにくいひとでも手が出せるように整備する…までやろうと思います。
もともと、人が作ったものをただ使っていることに 非常にもどかしさとむず痒さがあったので それをなんとかするいいきっかけなのかなと思います。
人のつくったフレームを 自分なりに再構築するっていうのは、武者修行としては最適です。
終わる頃には、私自身のスキルの階段を 何個か登れるんじゃないかなぁとおもいますが 果たしてどうなるのやら。

珍しく、サイトのPython記事にまとめを書いてみました。
何番煎じだよwwwwな記事ですいません。はい。
http://flame-blaze.net/reincarnation/MELandPython/pythonMemo/pg204.html

新イヤホン+アンプ

何ヶ月か前に、愛用していたSE530の片耳部分がもげて大破して以来 SONYのBluetoothイヤホンを使っていたのですが、
やっぱり通勤中使おうとすると周りの音がうるさくて使い物のにならず ついカッとなってSE535(クリア)を購入

感想
音についてはSE530比だとほとんどかわりがないです(厳密にはあるのかもですが)
全体的にフラット、高音~中音あたりはさすがShure 低音もBOSEとかのようなゴリゴリな感じはないけれど自然な低音

音以外でよかったのがつけ心地とケーブル
E4C→SE530→SE535ときて、いちばん改善されてるのがここでした。
Shureときくと、=断線しやすいと言われるぐらいよく切れるんですが、SE535は、取り返しやすいケーブルに耳周はワイヤーつきで補強(賛否両論だけど)ケーブル自体も補強されていて これは切れる気がしないw
あと、イヤホン自体も 耳の中にすっぽり収まる感じでいい感じにフィット。
いままでだと寝ながら聴くとき上向きかうつ伏せじゃないとだめだったのですが、これだったら片方枕に埋まってても問題ない これが地味に一番嬉しい

そんなこんなで値段分の価値はありました。
いいものはやっぱりいいです。

+Fiio E5のアンプを使っていたのですが、これもこれで故障気味だったのでE7を買いました。
SE535が、低音がやや弱いのでF7のバスブーストをかけるといい感じにバランスがとれていい感じになりました。
これで値段が1万ちょいなのですからお得です。

が、あとでしらべたら新型のE11がでるらしくちょっと買いどきを失敗しました。ちーん。

とりあえず、計5万近くの出費だったわけですが
微妙に足りていなかったオーディオ機器がいい感じに補強されて幸せいっぱいです。

あとは、PCのヘッドホンアンプ DrDACが壊れ気味なので新しいのを探しているわけですが
候補が20万↑、当分手が出せないのでそれは見送りです。

通勤が楽しくなりそうだ。

まびのぎ はじめました。

はじめたというか復帰しました。
G1~3頃にちょろっとやってたのですが、最近にむさんとかみさんがやってるのを見てたらやりたくなりました。
元キャラも、累計300とかだったので この際だから新キャラつくるべ と、エルフの小娘を作りました。
昔に比べるとLvがかなり上がりやすいです。
前は40までもってくのもきつかったのに、気がついたら41
シャドウウォリアーさん美味しいです

しばらくはメインストリームを進めつつ、ちまちまLv上げをしていきますよ

御岳山ハイキング

休日中に一箇所ぐらいは山に登りたかったので、近頃TVでよく見かける御岳山に登ってきました。
平日ということもあり、人で溢れているというわけでもなく 適度に人がいる感じで調度良かったです。
スタートから登ろうかとも思ったのですが、体力的にムリゲーになりそうなので ケーブルカー使いました。

とりあえず大まかな感想としては、2時間ちょいで1周回ってこれるし 道もそれほどきつくなく(回る方向によってはきつい)ロックガーデンはいい感じに苔生してるので苔好きにはたまらない 等、休日のハイキングにはもってこいでした。

回る方向は七代の滝→ロックガーデンのほうがオススメです。
七代の滝にいたるまで、延々と下りが続くのですが、ロックガーデンから回ると逆に登らなければいけない
+ロックガーデン周辺は水のせいで滑りやすいので下りは辛い です。
多分逆出回ってたら1.5倍ぐらいしんどかったんじゃないかとおもいます。
あと、前日の雨のせいか、ロックガーデンの水量が多くて、所々ある岩の橋が水没していたので
防水の登山靴じゃなかったら水浸しで終了してました。
全般的にお手軽コースですが、なめてたら痛い目をみそうです。

あと、途中の天狗岩も登ってみようと思ったのですが 足元ツルツルで降りれなくなりそうだったので途中でやめました。

+水辺が虫パラダイスで酷かったです。まぁ仕方が無いか。

以下ロックガーデン写真

相変わらずシグマの標準レンズ
水を取るときはTvで高スピードシャッターでも、スローシャッターでも面白い絵が取れるので楽しいです。
ちなみに、ロックガーデンに行く手前でレンズフードを谷底におっことしてしまいました。
ちーん
その後は、日の出山経由でつるつる温泉に浸かって帰ろうと思ったら 火曜日は定休日という無常のお知らせ。
バスを50分まつはめになったりでいろいろGdGdでしたが、なかなかいい運動と気晴らしになりました。
休日の残りのノルマは、森林公園or昭和記念公園サイクリング と、多摩動物公園予定なのですが
天気が微妙
というわけで、その他の写真は↓

御岳山ハイキング

京都旅行 写真まとめ

まとめといいつつ、基本全部Picasaです。
2~3日目は天気もいいし 写真取るぞー と気合を入れただけに枚数けっこうあります(といっても大多数は使いものにならないので消滅しましたが)

京都旅行 1日目

高台寺~八坂神社~東寺

京都旅行 2日目

金閣寺~龍安寺~仁和寺~渡月橋~天龍寺~竹林の道~野宮神社

京都旅行 3日目

東福寺~伏見稲荷~平等院鳳凰堂~東大寺

京都旅行 4日目

醍醐寺~三十三間堂~新日吉神宮~智積院~清水寺

いったい合計でどのぐらいの距離を歩いたんだろうなぁ…

れみりあ京都一人旅 3日目

今日と旅行も後半戦突入の3日目
体力もそろそろ限界超えていろいろと突き抜けてきたわけですが、めげずにスタート
今日は本当は銀閣寺周辺へいこうとおもっていましたが、周辺回ろうとすると初日とかぶってしいまい微妙だったので、急遽予定を変更して伏見・宇治周辺散策に変更しました。

朝8時半に出発して、京都駅から東福寺に移動
さすがに朝一だったからか、紅葉の季節から外れているかわかりませんが、ほとんど人がいなくて静かに見て回れました。
新緑のもみじやかえでが綺麗で、あぁこれは紅葉の時期は鬼のように混むんだろうなぁと思いつつ一回り。
ぜひとも紅葉の時期にきて見たいものですが、どんな状況になるかはあんまりかんがえたくないです。はい。

2箇所目が、伏見稲荷。
体力に余裕があれば、一通り全部回ろうかとも思ったのですが、流石に無理だったので途中まで鳥居の中を通ってもどってきました。
流石に有名どころだけあって人がおおかったですが、鳥居のなかはほどほどに人が途切れてくれていて、いい感じに回れました。
しかしまぁ、何を思ってこれだけの鳥居の並べたんだろうと思いました。

三箇所目は、平等院鳳凰堂 いわゆる十円玉のところ。
はじめていったところだったのですが 思ったよりも広くてびっくりしました。
鳳凰堂のなかは、人数制限ありの時間制で見に行けるようになっていて、私がついた時に丁度入れ替わりで待たずに中に入れました。
受付の人曰く、
私が着く前までは物凄い混んでいたとか。

中には3mほどの仏像と、殆ど劣化して全体図はわからなかったけれども壁画が描かれていました。
ここの中も、なんとも言えない空気が漂っていて
建物が立てられてから1000年近いその、時間が圧縮されたような感じでした。
驚いたのが、仏像の白毫
近くから見ていると、真っ黒で仏像本体と同じ材質のように見えたのですが、遠くから見ると水晶で白く輝いていたこと。
いやはや、昔のひとはすごいなぁと思います。

その後は宇治川沿いを通って駅にもどり、
ノリと勢いで奈良の東大寺じに行ってきました。

一言でいうと、ひと大杉
大量のツアー客と修学旅行生で溢れて、
南大門まで人の山
大仏殿の中も人の山
大仏殿の中は撮影OKのせいで、
飛び交うフラッシュ なんかもういろいろとカオス

なんかありがたみもなければ、宗教的な威厳もない感じで ただの観光名所になっているのが なんだかなぁとという感じでした。
(金閣寺も似たような感じでしたが)
まぁ、それも一つの現代のあり様なのかもしれませんが。

やはり私は、静かにのんびりと寺巡りや庭散策がしたい人間なのでこういう超王道所は似合わないのかもしれないです。

そのあとは京都に戻って、夕飯どころさががし。
初日に1人居酒屋の壁を突破したせいか、今日はためらいなく居酒屋突入
わりとリーズナブルな串屋さんがあったので、6時半ごろ入店
3000円以下でおなかいっぱいたべれて幸せいっぱいで宿にもどりました。

しかし、3日分の疲労のせいで両足は水ぶくれだらけ。
あしはぱんぱん。。。ほんとこういう時に体力をつけときゃよかったと思います。

3泊4日の今日と旅行も残すところあと1日
おもう存分楽しんで行こうと思います。

れみりあ京都一人旅 2日目

朝7時おき、朝風呂は行って朝食を食べて8時半に出発するという 最近の生活の悪化っぷりにくらべるとありえないぐらいまともな生活になってる京都旅行2日目
昨日は雨で、ややしょぼーんなことになってしまいましたが
今日はどうやら晴れるようなので気を取り直して嵐山のほうまで行ってきました。

とりあえず金閣寺スタートとしてバスに乗ったのですが、修学旅行生の大群と勝ち合わせになってバスはぎゅうぎゅうずめですでに疲れる。先が思いやられるスタート

さらに金閣寺は、さらに大量のツアー客と 大量の修学旅行生の大群でもういみわかんねーwwwな状態で、軽く絶望。
そうか、平日すいてる時期を狙ってとおもってきたら こんな伏兵があったとは。。。と、ため息つきつつも人ごみ掻き分けて写真撮影
ごついカメラ提げてるせいか、修学旅行生のカメラマンと勘違いもされたわけですが、気にせず進む。
やっぱり金閣寺は清水寺と並んで有名な観光名所だからのんびり落ち着いてなんてことはできないんだなぁと痛感。

続いて龍安寺。
バスに乗っていこうかと思ったのですが、込んでそうだったので歩いていきました。
庭も風流でいいのぉとおもったけど、こっちも金閣寺と同様人多すぎwwwで投げそうになりました。

続いて仁和寺。
今回のよい意味での驚愕スポットがここでした。
有名なお寺だけれども、私はまったく何も知らず モデルコースにあったからというひどい理由で見に行ったのですが、庭園の美しさが凄まじかったです。
縁側から一枚絵を切り取ったような感じで、奥に見える五重塔と含めて 日本の美 としかいえない美しさがありました。

とりあえず一枚だけ張っておきます。

その後は、とりあえず疲れたので嵐山にいって温泉につかって一息ついて渡月橋周辺散策しつつ本日のメインにしていた天龍寺にいってきました。
仁和寺のお庭もすごかったですが、こっちもまた素晴らしい
昔の人も、縁側から見るこの風景でいろんなことを考えていたんだろうなぁとか考えながら
私も縁側でしばらくのんびりしていました。
一通り庭の中を回って その後は竹林の道を通って野々宮神社まで行こうと思ったのですが
ここでも方向音痴を炸裂させて逆方向に歩いていってしまい、足も痛いし行くのをやめようかなと思ったのですが
せっかくだからと人力車に乗って竹林を通って野々宮神社まで行ってきました。
人力車は初体験だったのですが、なかなかいい乗り心地と風。

野々宮神社は縁結びで有名らしいのですが、本人が一番縁結びに無縁な人間なので 縁結びじゃないことをお祈りして嵐山駅に戻って
ホテルのある四条大宮に戻りました。
本当は二条城にもよろうかなと思ってたのですが4時ぐらいまでしかやっていないらしかったので断念。

ちなみにこの段階で夕方4時半ぐらいだったのですが、昼飯なし 温泉休憩1回入れたのみでほぼ歩き続けという意味不明な日程ですすめたせいで足はがたがた体力0
今夜は気持ちよく練れそうです。ふぅ。

明日は銀閣寺周辺をメインに散策していきます。
余裕があれば今度こそ二条城見てきます。

いやぁ、充実してるなぁ

ちなみに今日の写真の枚数は550枚でした。
1000枚埋めるってなかなか難しいですね。

れみりあ京都一人旅 1日目

仕事の延長戦で、前日納品というある意味カオスな状態からはじまった京都3泊4日の一人旅
新しい相棒の7Dを抱えて、できる限りの寺と神社を回って写真をとりまくるぜ な4日間です。

新幹線で昼12時に京都着で、一日目からあそびまわるぜwwwと思って9時東京発にしたら
通勤電車にぶち当たり、旅行ケース引きずりながら満員電車に揺られて東京駅へ
この時点でれみりあのライフは残りわずか。
30分前到着にしていたおかげで、多少電車を乗り過ごして大丈夫だったものの 新幹線のホームに着いたのは10分前 なかなかぎりぎり。
新幹線に乗っているあいだは少し仮眠して、無事京都到着。

とりあえず、ホテルに旅行かばんをあずけて 身軽になってから出かけようと思ったものの、駅内で迷子になり2~30分駅をさまよう羽目になり、残り少ないライフはどんどん削られてなみだ目。
とりあえず、途中淀によって、ホテルであいほんを無線Lanで使えるようにするためのアクセスポイントを購入して12時半ごろホテルに無事到着。

荷物を預けた後、銀ゆばで昼飯を食べて(うまかった)バスで高台寺へ。
ここでも迷子になりというか、どのバスに乗っていいのかさっぱりわからず何本か乗り過ごす羽目に。
京都のバスは、行き先じゃなくて系統でみないとだめだということを学びました。

あいにくの雨で、片手で7Dを持ちシャッターを切るというキントレ状態での写真撮影
はれてたら、あるいは雨上がりならもっときれいだったろうなぁというのはありましたが
人も少ないし、静かで 建物から雨のふる庭をながめるというのもなかなか一興でした。

高台寺を一通り回った後は圓徳院を見学して、出口あたりにあった辻利で賛辞のおやつのパフェを食す。
これもうまい

その後は、八坂神社を回って ちょうどきた東寺行きのバスに乗り込んで せっかくだからと東寺へ。
ちょうど五重塔内部も公開している時期で、一通り全部見回ってきました。
いやはやすごいです。
講堂にしろ金堂にしろ、中の仏像のすばらしさといったらしばらく無言で見つめるほどでした。
中学時代にきた修学旅行だと、いまいちなにがすごいんだろうだったのですが
今見るとまた違うなにかを感じます。
時代を重ねたからか、あるいは宗教上のなにかなのかはわかりませんが とにかく 日ごろ見る何かとは違うものがありました。
いい目の保養。

残念だったのが、五重塔をしたから広角でとりたかったけども 前のせいで上に構えられず断念したこと。
やっぱり雨が降っていないときにきたかったです。

その後はホテルの近くにあった壬生寺でも見ていこうと立ち寄ったのですが、17時までしかあいていなかったようで時間切れ
外から眺めるだけになってしまいました。しょぼん

そのあとホテルにチェックイン。
パソコンを借りて写真データをハードディスクにコピーしつつだらだらくつろぐ。
ホテルでだらだらするときのためにHD595とあいぽっどをもってきたり
あいふぉんでIRCをやるためにブルートゥースの無線キーボードを持ち込んでくるあたり 我ながらひでぇなぁ と思いました。

ホテルは三井ガーデンホテル京都四条
大きなお風呂があるのと、改装したばかりできれい、中心部なので拠点にちょうどいいという理由で選びました。
非常に快適。

だらだらしたあとに夕飯場所探し
一人で居酒屋とか、一人カラオケより敷居がたかくてどうしようか迷ったけど おいしそうな店があったので突撃。さすがに月曜日だけあってすいてました。
そこでねぎそばと肉の刺身、ホルモン焼きとサワー、梅酒を飲んで満腹
一人だと種類があんまり食べれないのがさびしいですが、どれもおいし買ったので満足。
ユッケ事件と、以前馬刺しであたって苦しんだ経験があるので生肉食べるか迷ったのですが
せっかくなので食べました。めっちゃうまかった。

そんなこんなで1日目終了。
すでに足ががくぶるで疲労がすさまじいですが、充実した一日でした。
明日は雨が上がるようなので、嵐山方面散策に出かけます
6時間オーバーのウォーキングになります。うひー

とった写真は、自宅に戻ってからまとめてアップしようかなと思います。
京都最高