巾着田の曼珠沙華を見に行ってきた

昨日の昭和記念公園に引き続き 今早咲きが見頃になっている日高市巾着田の曼珠沙華を見に行って来ました。
実を言うと、ここの曼珠沙華も 昨日の昭和記念公園のコスモスと同様 もう何年も前からいこういこうとおもっていて行けなかったところなので非常にwktk

ここは とにかく道路が混むことでも有名で、ひとつ間違うと地獄の渋滞に巻き込まれるため 我が家は8時着になるように家を出て
多少混んでいたけど、駐車場もまだあいてて まぁ マシ ぐらいですみました。 
基本我が家は、混み始める頃に帰る が基本原則なので 朝5時出発とかよくある事なので 今回の7時半出発は良心的に見えてしまいます。
まぁ、行列に並ぶぐらいなら 早く行ってのんびり待機のほうが圧倒的にいいです

Continue reading “巾着田の曼珠沙華を見に行ってきた”

昭和記念公園にいってきた

そろそろコスモスの季節+わんこ2匹の狂犬病の注射が終わった+涼しくなった ということで、家族3人で昭和記念公園に行って来ました。

私の記憶では、前に行ったのは小学生ぐらいの時なのでけっこう久しぶりです。
コスモスまつりも毎回毎回行こうと思っているのに、気づいたら終わってて・・・と後悔ばかりだったので 今度こそはと一眼ぶら下げて行きたわけです・・・

が、

台風の影響で花は殆ど咲いていない状態で、コスモスはかなり残念なコトになってました。

Continue reading “昭和記念公園にいってきた”

mbとma

前サイトの記事転載

Mayaには mayaAsciiとmayaBinaryの2種類の保存形式がありますが、どちらをどう使ったらいいのかわからずに なんとなくこっち という風に、使い分けをしないでつかうケースが多々あります。
ですが、この無意識に使っている保存形式ですが、
アスキー形式・バイナリ形式の意味と利点・欠点を理解していると、無駄な時間を減らして より効率よく作業することができます。

Continue reading “mbとma”

FaceRobotとMayaの連携

前サイトの記事移植

Softimageにデフォルトで搭載されたフェイシャル用のRig・AnimationキットFaceRobot。

いろいろとググって調べてみたものの、Mayaとの連携についてはあまり出てことなかったので 手順を書きつつ私なりの感想を書こうと思います。
なお、私はMayaメインでsoftImageはほとんどちゃんと触ったことがないというLvなので、SoftImageユーザーからしたら ちがうwww という点もあるかと思いますが、そのへんはご了承ください。
できれば突っ込んでもらえると嬉しいです。
Continue reading “FaceRobotとMayaの連携”

wordPress導入

今までは日記を書くのにBloggerを使っていたのですが、拡張性が悪かったりでいまいち使い勝手が悪かったので、話題?のWordPressに変更してみた。
とりあえず、設定超簡単な上 管理画面もカッケーwww
まぁ、もろもろプラグインを入れ始めたら確実に夜が明けそうなので今日のところは投稿できるまで終了して、土日でいろいろ遊ぶ予定。
知らないうちにBlogのシステムも進化したもんだ…

MacBook買ったよ

久しぶりの更新。
仕事の納品もあらかた終わり、だいぶ落ち着いたので溜まっていた記事をまとめてかいてきます

ということでMacbookAirぽち。
買ったのは一ヶ月前ぐらいだったのですが、ひと通り使ってみて感想を含めてレポート。

まず、Macbookを買った理由は、英語キーボードが選択できるからというただ一点です。
どこのBTOも英語キーボードの選択はできなくなり、できるのはThinkPadぐらいのもの。
それならそれでもいいんだけど、見た目がいまいちあれだしまぁ仕方が無いかなぁというのでかってもいいんだけれども、ポチるまでには至らず。
一応ゲーマーでWindowsユーザーだから、メインマシンをMacにするわけにも行かないしだけど、サブだったらまぁMacでもダイジョブか いざとなったらBootCampでWindowsをいれればいいやって気持ちでぽち。

ノートPCノ用途は、主に一人旅に行ったときに、一眼で撮った写真をHDDに行ったん保存して整理するためだっためと 外出時のメモ用。
なので、求めるものは携帯性 ということで MacbookAirに決定。
メモリは4G もちろん英語キーボード。
11.6インチ版を購入
関係ないですが、MacbookAirの13インチって存在が中途半端だよね。

第一印象は デザインのかっこ良さ。
Windowsのノートはどれも野暮ったいというか洗練されていないというか、垢抜けない感じがするけど そうではなく持っていたくなるなにかがある そういうデザインだなと思う。
それがマックのブランドというか、凄さなんだなとおもう。

実際につかっての印象は、ハードとソフトが非常に一体化していてインターフェースにしてもパッドの使用感にしても本当に無駄がない。
Windwosユーザーとしては、ノートPCの操作にマウスの必要性を感じないというが非常に衝撃的。
この瞬間にBootCampを入れるのは無意味な気がしたので却下。

Lionのユーザーインターフェースが使いにくくなったというふうな事も言われていますが、Lionから入った私としては全く気にならず むしろどの機能も便利で何の不満もなし。

ふまんがあるとすれば、ゲームができないことと、アプリの総数がやっぱりWindowsには及ばないこと。
それと、ショートカットが違うこと。
それに関しては覚え直すしかないわけだけだが。

全部フルスクリーンアプリにするのと、ジェスチャの拡張、コピペの拡張をして
Evernote Emacs 夜フクロウ Chrome Reeder やら一敷入れたぐらいだけど、最高。

10万ぐらいしたけど、買ってよかった

PLフィルターすげーwww

先週の土曜日に、両親と姉夫婦と5人で群馬県の玉原にラベンダーをみに行ってきました。

目的は主にPLフィルターのテスト。

PLフィルターとはないかというと、反射の光を軽減して色を鮮やかにとることができるレンズフィルター。
メインでつかってるのが72mmの大口径レンズなせいで、PLフィルターも10k越えというくそたかいフィルターになってしまい
ずーっと前から買おうか買うまいか悩んだ挙句勢いあまってポチリ。(望遠用の62mmと一緒に)

とりあえず感想。
すげーwwwwwwww

基本、露出が-1と同等になるのですが 昼間の晴れの日だと明るすぎて白く飛んでしまうのがいい具合に引き締まり、空の青と緑がいい具合に引き立って 今までに見たことのない色鮮やかな写真になりました。
参考例がこれ。

青空って、以外にきれいな青でとるのが難しかったのですが、フィルターつけたららくらくとれます。
高いですが、それ以上の価値はありました。晴れの日の野外撮影では必須といってもいいかもしれないです。

PLフィルターのもう1つが、水面の反射軽減。

ほぼ同じ場所から取ったPLフィルターありとなしの写真。
左がフィルターなし、右がフィルターありなのですが、一目瞭然。反射がほとんどなくて透明な水にちかくなっているのと、遠くの木の色も鮮やかになっています。SUGEE

最高です、PLフィルター。
一眼持ちのひとは、PLフィルターはぜひとも一緒に持っておきたい一品ですよ。

フィルターは、あと1つクロスフィルターも試しに買ってみたのですが
夜景とかじゃないと効果が発揮できないので今回はテストしませんでした。
8月の終わりあたりに休みが取れそうなので、そのときに横浜にでもいって、クロスフィルターで遊ぼうかなとおもいます。
あとは、水族館撮影目的にF1.4のシグマのレンズ購入かな。

ラベンダーと滝 たんばら家族旅行

愛犬

朝から悲しいお知らせ…

ちょうど2歳になったばかりの愛犬のラッキーが急死してしまいました。

朝7時前、寝ていたら母親が震えた声で部屋に入ってきて「ラッキーが死んじゃった…」と泣きそうな声で言ってきました。

朝の散歩中、ちょっと綱を手放してしまって離れたところを車にはねられたようです。
見た目はほとんど眠ったようにしか見えなくて、「ねぇ起きてよ・・・」と揺すって頭を撫でてももちろん起きるわけもなく。
一番世話をして、一番なついていて どこに行くにも母親の後ろをおっていくワンコで、母親も「もうこの子が死んだらしばらく立ち直れない」と、言っていました。
前のワンコが12~3年生きたので、その時はずいぶんと先だろうと思っていたのですが 何が起きるのかほんとわからないです。
自分のせいでワンコを殺してしまったと、母親の落ち込みようも半端がない。そして私も考えたくない…

どうか、安らかに眠って下さい。
短い間だったけど笑顔をありがとう。
さようなら、ラッキー

AEの素材ロード時間をはかってみた

仕事の作業環境改善のために、ロード先が早ければAEのロードもはやくなるのか検証してみました。

素材のロード先を変えてそれぞれ速度を計測。
ローカルドライブのHDDとSSDの差 CPUの違いでどのぐらい差が出るのかチェックします。

テスト環境 1
i7 870 Mem 16GB GPU GF465
1 SSD Intel320シリーズ 160G
2 HDD 320G単品
3 HDD 500*4 RAID0
テスト環境 2
i7 2600k Mem 8GB GPU Quadro600
4 SSD クルーシャル m4 128GB
5 HDD 日立 1TB
番外
6 ネットワークサーバー

使用データ
90f 1.2Gぐらい 960*720 の素材が7~8

まず、参考までにネットワークドライブだと、2分24秒(論外)
以下それ以外
1 22.5秒
2 23.3秒
3 25.1秒
4 18.2秒
5 18.5秒
小数点以下はストップウォッチを押したときの誤差な気がするので、SSD・HDDの差は殆どなく
CPUの違いによって速度が変わるみたいです。

今回はC2QのPCではテストしていないのであくまで予想ですが、C2QのPCとi7のPCとでも差が開くんじゃないかと思います。
なぜかといえば、単純なCPU差もありますが それ以上にメモリがDDR2からDDR3になったことによって メモリへの読み込み速度が早くなっている
んじゃないかと思うからです。
CPUのクロック数による差、メモリの差で実際のところどの程度早くなるのかどうか。
MayaのレンダリングはCPUのクロック数に比例して早くなりますが、AEも同様なのかいずれ検証してみたいです。

その辺OCして遊びつつテストしてみるのもありかと思ったのですが、ジサッカーではあるもののOCは専門外。
PCぶっ壊しそうで怖いです。

faceRobotとMaya

faceRobotとMaya記事更新。
文字のみであれな記事ですが、MayaのデータをSoftimageに持って行ってFacerobotでセットアップして戻すまで一通り流れを書いてみました。
と言っても、基本MayaユーザーなのでSoftimageはSCすらサッパリわからない私なので ちげーよwとか勘違いがあるかもしれませんがお許しを。

とりあえず触ってみての感想。

お気軽・お手軽のフェイシャルセットアップ アニメーションツール。

・フェイシャルどうしようと困っていて、Softimage買う金がある人
・ものすごい量のリップシンクをつけなきゃいけなくて困ってる人
・フェイシャルキャプチャーをやる人

にはオススメ。
主にゲーム業界向けな感じです。
逆に、デメリット

・mayaへのExportはあくまでも補助的な物 アニメーションを1からMayaで付ける とかは無理とおもっていい
 使うにしてもRigのコントローラーを増設しないと無理
・あくまでも顔のみのセットアップなので、顔以外は対策が必要
・ワークフローが複雑化する

顔はお手軽といいつつ、体に乗せるのとかもMayaメインだとしたら一工夫必要だし…楽しいには楽しいし、導入も手軽だけど…現状、楽しいね!どまりかな。

むしろ同じ会社なんだからMayaにもFaceRobot積んでください 無理だろうけど。