python基本文法表

インデントが意味を持つ

Pythonは、他の言語と違い、インデント(字下げ)に意味を持ちます。

字下げしている部分が処理のまとまりになります。
この場合、 Func() 関数の内容が青線 for は緑枠の中を繰り返し、 if の結果がTrueの場合 赤い枠の処理を実行します。

Pythonで書いたものをMelで書きなおしたものが↑
Melの場合は、字下げしなくても問題なく通りますが、Pythonの場合は、字下げがない場合SyntaxErrorとなります。

Pythonはとにかく インデントをきちんとする これが基本になります。

Back To Top

文字列内での変数展開方法

“moji” + moji + みたいにつないでいくよりわかりやすい

formatを使用した場合

 

Back To Top

可変引数の値をクラス変数にする

exec()を使用して、無理矢理 self をつけて実行すればOK

Back To Top

setup.py のインストール先を指定のフォルダに変更する

通常は、 C:/pythonInstallDir/Lib/site-packages にインストールされるのを
指定のフォルダに変更するには

–install-purelib オプションで、インストールしたいフォルダを指定する。
この場合、 <install_dir> は、PYTHONPATHが通っていないと通らないので注意。

Back To Top

可変の引数の使い方 OKとNG

可変で受け取った内容をそのまま可変じゃないものに渡すには
引数のあたまに * を入れる。

同様に

デフォルト有無が混ざっている場合も* や ** をそのまま入れればOK。

デコレーターの使い方が少し分かったきがする…

Back To Top

基本的なデコレータ

デコレートしたい関数の前後に別の処理を挟みたい時に使用できる。
関数を引数で渡して、returnで関数を返す

Back To Top

レジストリを操作する

 

書き込みのREG_SZはセットする値のタイプによって変わる。
REG_SZは文字列。

Back To Top

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*