Scriptsを組み立てる

この間、仕事中にスクリプトをどう組み立てるのか?どう考えるのか?ということを少し説明する機会があったので
せっかくなのでそれをBlogのネタにしてみます。

といっても、私自身はまだプログラマとしてはヘボなので高度なクラス設計などはできないので
デザイナーだけど、スクリプトを勉強してみたい けど、どうやっていいのかわからない
ぐらいの人向けのメモになります。はい。

1 まずは手でやってみる
Mayaは、基本手で作れるものはすべてコマンドに書き起こすことができます。
ノードを作り、名前をつけて、値をセットして、別のノードにコネクトする…等々。
そういった、自分が「こうしたい」というものを まず1つ手でつくって 必要な要素を整理してあげます。

この時に重要なのは、この「整理」する という箇所。
ただ闇雲につくって とりあえずできたが、もう一度同じ手順をやるのは無理だ というのでは意味がありません。
「どういう順序で」 「なにをするのか」
これがとにかく大切です。

2 順序を文章で書き起こす
次に、1で手でやってみたものを どういう順序でやったのか紙なりテキストエディタに書いていきます。
例えば、
ちょっと前に書いたLightLinkerバグを解消するコマンドを書く場合

1 シーン中のLightLinkerノードをリストする
2 ノードのロックを解除して、ノードを削除する
3 2を、1でリストした分繰り返す

のような感じに(いわゆるフローチャートというやつです)

私は、簡単なものだと文章に書き起こしたりはしないのですが、面倒な物や 細かい関数を作ったほうがいいものなどは基本今でも紙に書き起こします。
書き起こすと、手でやったときの 「どういう手順で」「なにをするのか」が明確になりますし
何が頭の中で整理されていないのかがはっきりします。
私だけかもですが、この段階で整理して書き起こせないものはスクリプトで書くことは不可能です。

スクリプトは、自分がやりたいことをコンピューターにやらせるための便利な機能ですが
コンピューターは「やりたいこと」を読み取って勝手に動いてはくれません。
なので、個人的には この「文章で書き起こす」工程がスクリプトを書く上での一番重要な部分だと思っています。
理想は、難しいのでも書き起こさずに脳内で完了できればいいんですけどね。

3 実際に書いてみる

あとは↑で書いた順番をスクリプトのコマンドに置き換えていけば完了
覚えておくべきことは、

for で繰り返す
if    で、判定する
ls でリスト
select で選ぶ

ぐらいで、基本Mayaのデフォルトで備わってるコマンドは書くときに調べます
substitute と tokenize の引数の順序とか覚えていられないですし、 xformのオプションなんて覚えられません
大切なのはどうやって調べるかであって、コマンドを暗記することではないわけです。
(ls select setAttr getAttr connectAttr substitute tokenize の機能ぐらいは知っておいたほうがいいかもですが)

はじめは時間がかかるかもしれませんが、この工程を繰り返していけば
少しづつですが書くスピードもあがるし、考えるスピードも早くなります。

ことデザイナーにしてみれば、スクリプトは難しい取っ付きにくい分野になりがちなのですが
書けないにしても読める、書き換えができる ぐらいは出来たほうが良いと思うので、苦手意識を持たずに手を出してみてほしいなぁと思います。

月を見て 何を思う

昨晩から今朝にかけて、月が地球に大接近する スーパームーン なる現象が起きていたらしいです。
せっかく三脚と一眼レフがあるのなら ということで、300mmのレンズをとりつけて取りに行ってみました。

↑の写真は、普通にとったら小さすぎたのでトリミングしてありますが、月の表面までくっきり見えるその姿は あぁなんてきれいなんだろうなぁと思わせる何かがありました。

そんな景色を見ながら、私も今後のことを考えていました。

もう二度と、震災前の日常には戻れない。
私の周辺でも、いろんなことが急激に動き始める。
毎日が怖い、恐ろしい、不安だ

この先どうなるんだろうと不安になるばかりだ.けど、私は私なりに 非日常を楽しめるように出来る限りのことをやって、今までより良い日常になるように頑張っていこうと思います。
まだまだ、何事もこれからですからね。

地震やら

金曜日の巨大地震で、平穏な日常が吹っ飛んだ3日間でした。
私が仕事をしてるところが、築4~50年のボロ屋 電車が通るたびに多少の揺れがあるほどで、
実際の地震が起きた時も「今日はずいぶんと電車がとおるなぁ」と、全員が思ったほど。

長く続いてこれは危ないとおもって、iPhoneとひざかけひっつかんで外に逃げ出し 地面に屈みながら軋む家やら電柱・電線と、iPhoneのTwitter情報を目で追いながら見ていました。
一応会社の方も屋根が剥がれたり日々が広がっていたり、家の外の水道が壊れて水が止まらなくなったり、モニターやらテレビが吹っ飛んで片付けるのが大変だったぐらいで
そこまでの被害もなく過ぎていきました。

正直、私は頭が真っ白でずっと震えが止まらなかったのですが
そんな時でも、向の会社のおじさんが何も言わず工具と部品を持ってきて笑顔で水道直してくれたり
せんべいやらおちゃやらおばちゃんがくれたり
帰れなくなった私やバイトの子のために社長の実家に止めてもらってお風呂と寝床とご飯をもらったり。

もうなんというか、みんな強いなぁと思いました。

まだまだ気を抜ける状態でもないですが、現状出来ることは仕事をしてお金を稼いで募金する事ぐらいなので
停電やらなにやら、まともにしごとできねーよw状態だろうがなんとでもしよう
多少の不自由がなんだってんだ!
なきもちでやっていこうかと思います。

あと、地震後からずっとTwitterやらネットの情報を追っているのですが、恐ろしいほど急速に情報がまとまっていくさまをみていると、某攻殻機動隊のSACに近いなにかがネットの中にはあるんだろうなぁと思いました。
デマ情報ももちろん多いけど、原発関連では東京大学の専門家含む有志でサイトがたった1~2日のうちに纏められ
無秩序に呟かれる情報が、ハッシュタグが統一化、RTの徹底、まとめサイトの作成 このへんがこの大規模災害の中 たった3日のうちに完了。すごい。

ただ、恐ろしくもあるのは 序盤のご情報の飛び方が凄まじかったこと。
やはりTwitterユーザーはある程度ネットに触れている人だろうから多少の耐性はあるのだろうけど
これが、テレビのように確認がとれた情報を流す という認識が当然の層が
「これを気にTwitterを導入するか」
と、導入した後に その上方に振り回されないか心配
食べ物やら懐中電灯が店から消えた、みたいな状態にすでになっているわけですが…これの比じゃなくなると思いますよ。下手したら暴動になります。

今後は、このネット上の集合意識的ななにかとどう向き合っていくのかとかも
考えていかないといけないんだろうなと思います。

少なくても、ネットリテラシーの向上は必須なんだろうね。

まぁ、なにはともあれ被害が大きかった東北地方の復興
電力不足の解消
原発問題
問題は山積みですが

吉野梅郷にいってきた

両親が青梅に梅を見に行くとのことだったので、私もくっついて写真をとりにいってきました。

以下何枚かチョイス

 

 

 

 

 

レンズはほとんどタムロンの望遠。やっぱりこのレンズが居間持ってる中では一番鮮やかで綺麗に撮れます
いままでで一番いい感じでした。
まだ、全体の3~4割しかさいていないのと、朝8時半ぐらいだったせいで人がほとんどいなかったですが、十分楽しめました。
来年は満開になったくらいにいきたいです。
次の写真撮影は桜かなー
その他の写真はPicasaにアップしてみました。
Picasa便利すぎる

AE Scriptを触ってみた

ネットワークドライブでAE作業をすると死ぬほど重くて作業にならないので、バックアップアプリでローカルにコピーして フッテージの読み先をスクリプトで切り替えるようにしてみました。

JavaScript自体はあまり触ったことはないのですが、文法的にはPHPとかPythonとそう違いはなさそうなので何とかなりそう。
が、唯一手間取ったのが、ファイルパスのパスを変えるときのドライブレターの記述方法が
プロジェクトの一覧のファイルパスではS:~のような表示方法になっているものの
スクリプト上でのパスは /s/~ のようになっている事。
いくら正規表現で ^S:/ とか ^S: とか S:/ とか S: とかやっても通らなくてかなり調べるのに時間を食ってしまいました。

あとそれに合わせて Launch Padを導入。
ダウンロードさきは ここ

これでだいぶAEの作業効率も上がりそうです。

やっぱり私の場合、AEの作業をするにしてもスクリプト利用は必須ですね。

大洗小旅行

 

 

いつものメンバーと一緒に大洗に行ってきたので写真パシャパシャ
望遠レンズがいつもより大活躍でした、波のざっぱーん な感じは、やっぱり一眼だからこそ取れる絵
ただ、やっぱり明るさと色合いのコントロールは 自分の思ったものではなくて、そうなっちゃった感じなので
出てくる色も、自分でコントロールできるようになりたい 難しい。

最近知ったMayaの事

Mayaを覚えてからずいぶん立ちますが(専門時代も入れれば5年?)今更知った事。

1 Mayaのビューのレイアウトを保存できる

普段、アニメーション作業時は3面(上がレンダリングカメラ・Perspカメラ、下がグラフエディタ)
その他作業のときは4面にしてるんですが、いちいち↑の3面にするのが面倒だったのでMelでビューの切り替えコマンド書いて切り替えてました。
まぁ、コマンドでかいても結果同じですが レイアウトのコマンドって分かりにくいので手軽に登録できるのを知ったときにはかなりショックでした。
コマンド洗いだした私の努力を返せ ウワーン

2 1つのジオメトリに対して複数のコンストレインをすることができる

+  LocatorA

+  ←AとBにPointConstraintしたLocator

+  LocatorB

複数コンストレインをすると、コンストレインした間にLocatorは位置する
これも知らずに↑のように中間地点にいるLocatorを作成するとかをExpressionで全部書いたりした気がします。

他の人と話をしていると、あたりまえのように作業で使っていることでも そんなことしらねーwwwwってことが結構あるんですが、↑のはかなり衝撃でした。
まだまだ知らないこととかいっぱいあるんだろうなぁ

蝋梅みにいってきた

秩父の蝋梅が見頃だということで、久しぶりに家族4人+わんこで見に行ってきました。

山の山頂にある蝋梅園で、ロープウェイか歩いて昇るかどちらかの手段でいくのですが
歩いても40分程度なので、運動がてら山登り

 登ってる最中はこんな感じ。
写真とっては、追いつくまでに走っての繰り返しで、無駄に体力使いました。ヒー

以下 蝋梅

あと普通の梅

その他のものはPicasaの 秩父 蝋梅 にまとめてアップしてます。

ちなみに使用レンズはCanonのF1.8単焦点50mmとタムロン70-300mm カメラの色合い調整がまだまだ自分でコントロールできないです

蝋梅を見に行ったその後はいちご狩り

 

 

去年行ったときはあまりおいしくなかったのですが、今年はものすごい甘くてウマウマでした。

天気がよくなかったのと、蝋梅の咲き具合がまだ五分咲き程度だったのが残念でしたが
それでも十分なぐらいいい香りと花を見れました。なんというまっとうな休日の過ごし方。

今回の写真撮影で思ったこと

レンズ付け替えするのはめんどくさいので一眼もう1つほしい
Kissはボディが軽すぎてレンズとのバランスが悪すぎる

ので、ますます60Dが欲しくなる感じでした。
カメラ楽しいのー

F1.8すげーwww

ついかっとなって買ってしまったF1.8の単焦点レンズが届いたので、早速我が家のワンコで試してみました。

部屋の中でも フラッシュ無しISO400でくっきり鮮やか そしてすっごいぼけるよ!!

鮮やか

体感ですが、接写した場合の被写界深度は10~15cmぐらい。
ワンコの顔に焦点を合わせると体がボケる スゲー。

試しに自分の机の上に色々並べてとってみたのが

すっごいぼけるよ!!
被写界深度がべらぼーに浅い分、ピントあわせはかなりシビア…が 手軽に良い感じのボケと十分な明るさが取れる
これが8kちょいで買えるレンズなんだから凄いです。お得。

一応これで、超広角、望遠、標準(キットレンズ)、単焦点明るいレンズ が揃って
だいぶ行動範囲が増えてきました。
次は大口径標準レンズ→EOS 60D それでひと通り終わらせたいけど、このまま行くと
もうちょっと35mmに近い明るい単焦点とかマクロレンズとか欲しくなって、レンズ沼につっこみそう。

まぁまずは、本体にしろレンズにしろ 借り物を少しづつ自分の物に差し替えて より 「自分の物」としてガッツりはまれるように慣れるといいかなぁ

あとは、シャッタースピードと絞りと明るさの露出の関係をもうちょっとつかめるようにして
シャッターを切る瞬間に色のコントロールをしっかりできるように特訓あるのみ。
がんばるぞー

川越散策

超広角レンズを借りたので、休日の気晴らしがてらに市内散策に行ってきました。

10mm すっごい歪むよ!!

すっごい歪むよ!!

すっごい(ry

超広角やばいです。
楽しいです…が、最高に使いどころに迷うレンズ 建物取るにはちょうどいいかもだけど。

以下、標準・望遠でとったもの

 

その他諸々はPicasaにUpしてみました。

色合い、ボケの感じはやっぱりタムロンの70-300mmが一番良いです。
が、70mmなので取りどころが難しい 標準大口径レンズが手に入ればもっといい感じになりそう。
2月入ったら秩父の蝋梅を見に行くので、その時には望遠大活躍しそう。

ついでに、ついかっとなって買ったキャノンのF1.8の50mm単焦点で色々試してみたいかな。

近頃ゲームもしなくなったし、PCもあんまりいじらなくなった分 写真は趣味と実益を兼ねた良い時間の使い方です

楽しいのー

1 46 47 48 49