Eclipse導入

今まで、スクリプトを書くのはEmacsか簡単なものならEmEditorをつかっていたのですが


Pythonを書くのにEmacsはあまり恩恵が少ないというか 各種lispの設定がなかなかうまく行かず 上手く行ったのもとても重いとかで微妙だったので
Eclipseに全面移行してみました。

Eclipseのバージョンは3.7 インストール版ではなく、そのまま使える版を使用しています。(会社と家とで使うので)

まず、インストールしたもの

subversion
PyDev
Using Eclipse as a Maya IDE
PDT
Emacs+
ERMaster
subversionは、自宅のLinuxサーバーに設置しています。
主な作業場所は、会社か自宅で 今まではDropboxやSugarSyncのような同期ツールを使ってのスクリプトの同期をとっていたのですが
書いたはずのソースコードが見つからなかったり、家に忘れたうわあああああああみたいなことになりがちだったので
Subversionで一元管理化しました。
お陰で、今までの苦労が嘘のように管理できて幸せ。むしろもっと早くやれよという話でした。

PyDev Using Eclipse as a Maya IDEは、mayaのスクリプトを書くため用です。
Eclipse上で書いたスクリプトをCTL+[ を押せば、Maya側で実行して、ログもEclipse側で確認できるので
モニタ2枚で作業してる時に、メインモニタをEclipse サブモニタにMayaを表示するとものすごい作業効率がUPします。

PDTはPHPの開発用、Emacs+はショートカットをEmacsとほぼ同じにしてくれる、ERMasterはデータベースの設計ツール。
近頃、Web系の作業をすることも多いので、PHPやらDBの開発環境もあわせて整備。
このへんを今まではEmEditorをつかって気合で書いていたのですが、いい加減しんどかったんです。

あとは、maxscriptの開発環境とかもすでに無いかなぁと思ったのですが さすがに見つかりませんでした(´・ω・`)

とりあえず、Mayaの開発環境としては PyDev + Using Eclipse as a Maya IDE を導入しただけで非常に効率が良くなったので今回のところはそれだけで満足です。

せっかくPHPとDBの環境をつくってみたので 土日に自鯖のDBで簡易システムでも作ってみようかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*