ArrowZを修理に出した話 – おわりに。

我ながらかなりヒートアップしてというか 過去例をみないぐらいのブッチギレ状態が冷め切らぬまま 勢い任せでBlogを投稿してしまいましたが
概ねかいある流れです。
実際の電話では もっと口調は荒いし まさに The クレーマー という状態になってしまったので、それはちょっと大人気なかったなぁというのは感じています。
また、低温火傷に対する認識の甘さや 対応の甘さ。
もろもろ含めて私自身、対応が万全だったか?と言われると そうだとは言い切れません。

ですが、軽度とはいえやけどの症状が出ていたこと 実際端末が持てなくなるLvで熱くなって使いものにならないことが多々あること。それが
市販で売られているスマートフォンで起きたこと というのは実話です。
まぁ、この症状がまさか数日続くとは思ってもみなかったので あれです。 低温火傷は侮ってはならない。 まさにそのとおりです。

とはいえ、今回の低温火傷の件がなかったとしても
端末の状況は散々なもの、何度も修理返品を繰り返したという話をかなり耳にしています。
また、別機種への交換対応にしても 地域によって対応は千差万別 どれだけやればOKといってくれるかとかも ほんと、電話に出た人次第となります。
対応が一定じゃないのは さすがになんとかしてほしいものですね。

こんだけ、盛大なクレーマーになっておいてお前が言うな と言われる人もいるでしょうが、わたしはクレームを入れるのが大嫌いです。
ですが、お金を出した端末が明らかにおかしいのなら
使おうと思っても使えないのなら
怪我の危険を感じるのなら
我慢したり、泣き寝入りで別機種を買うのは私はおかしいと思います。
使えない、どうにもならない旨を販売店に伝え 対応を求める…それは当然の権利ではないでしょうか。

たしかに面倒です。電話口に話すとどうしても苛立ちます。怒鳴りつけたくもなります。
けど、(怒鳴り続けるだけではだめでしょうが)主張しなければ改善もされません。
そう思っていた じゃ、ダメなんです。
なので、私は自分のブログにて声を上げます。

私は、ただ 普通に使える 自分が望むスペックの端末が欲しいだけなんです。

以上、まぁブログの記事は熱がさめたらそのうち消す かもしれません(´・ω・`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*