ScrapBoxにテクニカルな記事を移植することにしました

タイトルの通り、いままでテクニカルな記事もこのBlogに書いてましたが
Wordpress重いし、記事さがすのめんどいし、書くのも億劫になるので、「Scrapbox」というサービスに移植(移動)
することにしました。

https://scrapbox.io/remi-tech/

URLはこちら。

まず、Scrapboxというサービスですが
いわゆるWikiの一種で、ナレッジサイトなどの情報共有などを作る時に
進化を発揮するメモサービスです。

特徴としては、

・独特な記法で(Markdown的なもの)さくさく書ける(拡張もできる)
・リンクやタグを入れると相互リンクできる

こんな感じで、 #Python のようにタグをつけておくと、同じタグのページが自動でリンクに追加されます。
なので、内容の関連付けがめちゃめちゃ簡単です。

・保存の概念がない
・同時編集可能
・超軽い
・画像の挿入が簡単

画像を投稿したい場合は、Drag&Dropで入れられますし
クリップボードからのコピペも可能です。
コレのおかげでSnapCrabでキャプチャしてそのままコピペみたいなことも出来るので
ほとんどなにも考えなくても記事がどんどん記入することが出来ます。

画像のアップは、同じ会社がリリースしている「Gyazo」というサービスと連動していて
非常に扱いやすくなっています。

実際に使うまではイマイチ理解できていなかったのですが
使い始めてからあまりの楽さに

もしかして、Blogとかでメモとかテクニカル記事書くの時代遅れなんじゃね?

という気分になりました。
いやはや、新しいサービスはどんどんでてきますが
めんどくさがって放置しているとすっかり時代遅れになってしまいますね。

難点でもないですが、保存して公開というプロセスがないため
書いてる最中の文章も丸見え というデメリットもあるのですが
まぁ別に書いてる最中の誤字脱字とか
どうやって書こうか迷走してるの見られても気にしないってことで
ひたすら新しいことを覚えたら(仕事の守秘に関わる者を除き)
個人的にメモってたBoostNoteではなく、ScarpBoxのほうに投下していきます。

ある程度溜まったら、こっちのBlogに記事としてリンクを投下しようかなーと思います。

なお、RSSにも対応しているらしいので
興味もっていただけたら https://scrapbox.io/api/feed/remi-tech/ で登録ができるようです。

そんな感じで、自分のメモが誰かの役に立てればイイナァという感じで
内容は増やしていきますのでよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*