[一人旅] 十和田ホテル宿泊で行く白神山地~奥入瀬一人旅 1日目

マツコの知らない世界でも紹介された、前から一度泊まってみたいと思っていた十和田ホテルの
予約が取れたので、せっかくだからと一度行ってみたかった白神山地の青池と合わせていくことにしました。

白神山地は青森と秋田の県境付近にあるので、新青森からだと距離があるのと
十和田湖ともそこそこ距離があるので、本来ならば男鹿半島付近に宿を取った方がよいのですが
十和田ホテルに泊まるのも目的のうち。さてどうするか。
朝イチの新幹線で移動しても新青森10時出発になってしまうので、今回は一九時半頃の新幹線で
前泊して、翌日朝一番にレンタカー回収して出発することにしました。

仕事が終わってから東京駅に移動して、駅弁を仕入れて19:20のハヤブサで出発。

チキン南蛮に

東京駅にきて、空いてるときならばいつも買ってる知床ドーナツのおやつ。

東京駅~新青森はけっこう時間がかかるので、普通席だとしんどいです。
前泊なら行きもグランクラス使うのもアリかなぁと思うのですが、往復グランクラスは
なかなか出費がでかすぎるのが悩み所。

21時半頃に新青森に到着して、そこから普通路線に乗り換えて青森駅へ。
乗り換え時間も余裕がある形で青森行きの電車がくるので、それで移動して
青森からはタクシーでホテルまで移動します。

今回は値段も安かったし、タイムズレンタカーの店舗までもそこそこ近かったので
スーパーホテル青森にしました。

広くて良い感じ。

個人的にホテルに一番求めてるのが枕元のコンセントなのですが
ココはコンセントにUSB(しかも両面対応)付きなのがGoodです。

そして翌日。
朝六時半の新幹線で出発するパターンだと、朝4時起きとかになって
スタート段階から疲労がある状態になってしまうのですが
前泊だとそれがなくて、いつも以上にぐっすり眠れて疲労もなく
最高のスタートになりました。
新幹線つかうような旅行だと、京都とかも夜行バスではなく前泊にしてしまって
良いかもしれない(翌週の金沢も前泊に)

オープンと同時に車を回収して、人気ローカル線として有名な
五能線沿いをドライブする感じで出発しました。
今回は運転時間も長いので、デミオディーゼルにしました。

第一目的地は、青森駅から1時間半ほど運転したところにある千畳敷海岸。

特徴的な岩場と、その間に押し寄せる波がなんとも言えない風景。
海の水もめちゃめちゃ綺麗でした。

岩場の亀裂付近に立って写真を撮っていたら、そこから海水が噴き出して直撃を食らいました。

めっちゃきれい

向かい側には五能線の駅があります。
電車もこれるのでしょうが、時刻表を見る限り電車だと立ち寄りはできないのかな・・・?

しばらく撮影したあとに撤収して、次に

道の駅に寄り道。

道の駅からも日本海を一望できます。

道の駅では魚とかも売っていて(しかも安い)その日に帰るのならお魚買いたくなりました。


けっこう大きなノドグロが1000円とか…うらやましい。

せっかくなので、名物のイカ焼きも食す。
(゜Д゜)ウマー

次が今回の目的の一つである白神山地の青池に移動しました。
青池に行きたい場合は、森の物産館キョロロの駐車場に車を置いてから回るのが
良いとのことだったので、まずはそこに行くことにしました。
途中までは道が広いのですが、王池すぎたころから道が狭いのと
ウォーキングコースと車道が重なっているので、路上を歩く人がかなり多いので
運転がかなり怖いです。
途中、細いカーブのところで観光バスとすれちがい+まわり人がうじゃうじゃの
状態でバックで寄せつつすれ違うシチュエーションに遭遇したりで
運転苦手な私としては絶叫状態でした。

それでもなんとかクリアして無事到着。

とりあえず、駐車場を出発して青池方面に歩いて行きます。

鶏頭場ノ池脇を抜けて

青池キタ━(゚∀゚)━!

この日は天気が良かったこともあり、びっくりするぐらい綺麗なブルーでした。

めちゃくちゃ水綺麗

魚影がはっきり見えます。

一度は行ってみたいと思っていた場所でしたが、その重いに違わず
見たこともないような絶景でした。

キョロロから青池までは5分かそこらなので、ツアーの場合は
青池だけみて引き返すようなパターンが多い感じでした。
今回はそれじゃ勿体ないので、ブナ林を歩くことにしました。

青池の脇の階段を抜けて

あざやかな緑の森を歩いて行きます。
距離感とかルートをちゃんと調べていかなかったので、現地の案内板を確認しつつ
進んでいきました。

もののけ姫の世界

沸壺の池。
青池ほどではないですが、ここも青々とした池で綺麗でした。

沸壺の池から車で通った道路がわに抜けて、道路沿いを歩いてキョロロに戻ります。

ほんときれい。

後で調べましたが、この青池周辺の十二湖を回る場合は、一二湖リフレッシュ村経由して
十二湖荘を回って、県道280号を通ってキョロロに戻るのが有名所の湖を回るルートっぽいのですが
このコースの場合は、今回のように十和田湖コースだと時間が足りなすぎるので
いずれ男鹿半島に一泊して、フルで十二湖を回る旅行をしてみたいと思います。
来年の5月頃かな?

時間も時間だったので、キョロロを撤収して十和田湖に向けて出発しました。
キョロロから十和田ホテルまでは、車で約3時間ほどかかります。
距離としてはけっこう多いのですが、景色が綺麗なのと運転も楽しいので
時間は気になりませんでした。
が、さすがに休憩無しはキツイので、途中道の駅に立ち寄りました。

最初に道の駅ふたついに寄ったら、閉鎖したばかりっぽくて食べるものもなかったので
たかのすに立ち寄り、遅めの昼ご飯休憩。(ここまで約1時間半)
休憩後再出発して、十和田道経由して

休憩がてら発荷峠で撮影。
今まできたなかで一番天気が良くて綺麗だったかも。

そして十和田ホテルへ到着。

宮大工による立派な外観の本館。
本館の方は1人では宿泊できないので、今回は別館宿泊でしたが

3Fの部屋だったので、部屋から十和田湖が一望できるという最高のロケーション。
素晴らしい。

そして一息ついたところで、今回の一番の目的である本館の玄関に写真撮影しにいきました。

そこまで大きい玄関じゃないのですが、細かい細工が施されていたりで
非常に壮麗。

ホテルの入り口としては使っていないですが、普通に出入り自由です。

入り口抜けたところがこんな感じ。

階段を上がると

上から見下ろせます

2Fはフリースペース(読書スペース)になっています。

せっかくなので魚眼に付け替えて撮影。

建物的に魚眼向き。
超広角レンズが欲しくなる…

上から。

とてもたのしい。

あと、今回建物内だったのでα7のピクセルマルチシフト機能を使って撮影してみました。
完全同位置+同露出で4枚撮影(ピクセルをずらして撮影)それを合成することで
より高解像度にした写真が撮影できる機能なのですが、
使い所が分からず放置してたのですが

DSC05392_PSMS.jpg

ホテルの人に念のため三脚OKか確認して、


人が少なそうな19時頃を狙って撮影。

DSC05368_PSMS.jpg

イマイチ違いが分からなかったのですが、
元の画像と比べると壁の木の質感とかが確実上がってました。
すごいけど使い所限定的すぎる…

そんなこんなで撮影で時間を潰していたら、お楽しみのご飯Time

前菜から。

シジミスープ。

日本酒はきつかったので、青森っぽくりんご梅酒を注文。

おさしみ。

ヒメマスのムニエル。

しらうお?とあさりのお鍋。

おにく

にもの

山菜の天麩羅。

とんぶりご飯。
メニューでみたとき「どんぶりご飯」に見えて
出てくるまでどんな者がでてくるか分からずガクブルしてました。

ラストデザート。

うむ。おいしかった。
やっぱりハイクラス表記されているようなホテルは
どこも基本メシウマで最高です。
思いのほか量も多くて(昼ご飯が遅かったこともあり)お腹いっぱいになりました。

部屋からの眺めも良いし、ご飯も美味しくて建物の撮影も楽しかった十和田ホテルですが
個人的に1つ残念なのがお風呂。
お風呂からの眺めは良いのですが温泉じゃないんですよね。
温泉だったら完璧なのに…

奥入瀬に来るときには、普段は焼山荘という、奥入瀬渓流の青森側にある宿をつかってるのですが
値段やご飯、温泉というのを考えると
十和田ホテルより焼山荘のほうが個人的には好きかなぁと思います。
スタッフのサービスや、建物の外観など総合的な質は十和田ホテルの方がワンランク上です。

できるなら本館のほうで一度泊まってみたいんですけどね(´・ω・)

そんな感じで1日目終了。

運転時間はまさかの5時間越え。
北海道1週間旅行のときの小樽~つるつる温泉間には及ばないものの
それ以外ではおそらく最長になるのでは。

さすがに前泊なしだとこのルートは時間的にも体力的にも
厳しいですね。途中絶対寝落ちしそうです。

無事に1日目が終わって、ふぅ。写真をHDDにコピーしつつお風呂入って寝るかぁと
ノートPCでポータブルHDDに写真を移動してお風呂からもどってきたところで
トラブル発生。
HDDに移したはずなのに、HDDの容量が増えていない。
SDカードは容量0。

・・・・・・・・・・・・・は?

検索をしてもファイル数0。
HDD下にもファイルが見当たらず。

・・・(´;ω;)データ消滅

あれですね、奥入瀬渓流ののろい。
1年目はCFカードが死に。
2年目は5Dm3がエラー。
奥入瀬以外ではトラブル発生0なのに、何故かここに来るとトラブル。
さすがに新しいカメラで、ちゃんとしたメーカーのSDカードで。
問題起きるわけないじゃない!と余裕ぶっこいていたら、まさかのデータ消滅。
これはもうのろいというか電磁波というか、なんか取り憑かれてるのでお祓いしたほうがいい
んじゃないかというオカルト方面の思考になりましたが
SDカードは削除になっててもデータ自体は残っているという記憶があったので
急いで復旧ソフトを探し、みつけたソフトでサーチしたら見事HIT。
もちろん有料(1万)だったのですが、泣く泣く支払って復旧かけたら
なんとか全データ無事に回収できたので、お財布的には痛かったですが
撮影データ、プライスレス。

・・・奥入瀬渓流怖い・・・

次回、2日目 奥入瀬渓流編につづく!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*