[一人旅] 一人個人手配で台湾行ってきた 準備編

GW後半の4連休を使って、台湾にいってきました。
その準備やら現地ついてホテルに行くまでのことをまとめてみます。

飛行機とホテル

今回はツアーではないので、Exediaを使って飛行機とホテルを予約しました。
いつもは朝早くの飛行機で行って夜ギリギリに帰ってくるとかが多いですが、海外旅行だと
入出国やらチェックインで時間がかかるので、
夜の飛行機で行って、昼過ぎの飛行機で帰ってくる
基本間の2日で観光、という感じで日程を立てました。

出費を抑えるため、羽田-松山コースではなく
成田-桃園国際空港コースにして
深夜0時すぎでもチェックインに対応している台北駅近くのホテルに宿泊…というのを
ベースに宿選びをして

飛行機は一番安かったバニラエア。
ホテルはローダーズホテルという、台北駅から歩いて10分ほどのところにある
わりと若者向けのおしゃれなホテルにしてみました。

あちこち旅行してますが、成田空港は今回が初めてでした。
羽田にくらべると距離があるのですが、
自宅から徒歩3分ぐらいのところに成田行きのバス停があるので
時間がかかるだけでむしろ楽に行けたりします。

3日の15時ぐらい、飛行機の離陸4時間前ぐらいに付くように出発したのですが

まさかの銀座 – 東京間でデモと街宣車の怒鳴り合いに遭遇して
運転手のにーちゃんも頭を抱える状態。
そうか、3日は憲法記念日だった…(´・ω・`)

とりあえず無事に到着は出来たので良かったです。

飛行機の注意点

今回使用したバニラエアですが、使う場合にはいくつか注意点があります。

まず1つめが、Expediaで予約した場合は貨物室への預け入れが有料で
事前予約無しの場合、片道5000円追加料金がかかります。
また、この預け入れは個数ではなくkgになります。(指定サイズ内20kgまで)
ので、預ける場合は事前に登録しておきましょう。

もう1つが、機内持ち込みできる荷物の個数・重量がかなり厳しく決まっています。
日本から台湾に向かう場合、チェックインカウンター前で重量計測+個数チェックが行われます。
計測して持ち込みにするものには青いタグがつけられ、機内に入る前にもこの個数がチェック
されます。
今回、あまりレンズ交換をするつもりがなかったので、24-105mmと魚眼のみ持って行くことにしていたので
運良く突破できましたが、
この重量制限と個数制限をしらずにフルセットで行ってたら、
余裕の重量オーバーでした。
あと、カメラバッグ+ウェストポーチ+リュック の構成だったのですが、
これだと3つなので余裕のNG。
急いでリュックにポーチを入れて回避しましたが
この辺気をつけないと早々に詰むので注意しましょう。

一応7kg以内にはなってますが、多少の誤差はOKそうでしたが
たとえば、キャリーケースを持ち込みたいとかになると
余裕でアウトになったりするので気をつけましょう。

また、チェックインも重さの計測やらで非常に時間がかかります。
オープンの2~30分前に並んでおくと、比較的早く突破できますが
ノンビリしてると撃沈するので早めの行動をオススメします。

この辺、お金をケチったのが非常に裏目に出ていて
体力と快適さを犠牲にしてお金を減らしているのが非常にヒシヒシと感じました。
今回3泊4日で約8万くらい(航空機代+宿)
帰ってから、羽田発の昼間のエバー航空便+圓山大飯店だといくらかな?と調べてみたところ
約13万ほどでした。
この差額5万をどう取るべきか・・・快適さにどれだけ払えるかになりますが
個人的には払ってでも快適さをとったほうが良かったかなと思いました。
この辺は、次回の課題になりそうです。

旅行の行程

今回は、

ディンタィフォンでお食事
猫空に行く
お茶の仕入れ
クーフン夜撮影

この4つを目標に予定を立てました。

ベースは1日目に 猫空
2日目にクーフンとして、合間にお茶を購入したりするようにしました。

前回のツアーのときは、ツアー御用達のお茶屋さんに連れて行かれる感じでしたが
正直かなり高い。

ので、今回は林華泰茶行という問屋さんと、ホテル近くだった峰圃茶荘に行きました。
詳細は、各日にちごとに書きます。

通信関係

海外旅行でネットがないのは正直死活問題なので、
今回も現地のプリペイドSIMを購入しました。
昼間の便で台湾に行くのなら、現地でSIMを買えば良いのですが
カウンターは22時まで…どうしようとおもってたら

成田空港のWiFi端末などを扱ってるカウンターで、
台湾の中華電信のSIMを購入することができました。
5日分で1400円。
これで通信は確保!!
と思ってたのですが、飛行機内でSIMを入れ替えて
プロファイルもいれたのに上手く通信が繋がらない。
表示は3G…ううううどうしよう…
ネットで調べても「スタッフがちょいちょいなにかしたら直った」
という表記しかなくて手詰まり。
結局現地到着から猫空に到着するぐらいまでは繋がらなくて諦めてたのですが

そういや、みおふぉんからBIGLOBEに移動したときもこんな感じ…だったような…

と言うことに気がつきました。

iPhoneの場合は

「刺さってるSIMのプロファイル以外は消せ」

以上。

なので、
1 日本にいるときに、中華電信のサイトでiPhoneにプロファイルをダウンロード
2 飛行機内でSIM入れ替え
3 日本のSIMのプロファイルを削除
しておきましょう。

台湾版Suica悠遊カード

いろんなBlogを調べてみると、「台湾についたらまずこれを買え」と言われるICカードがこれ。
台湾的には「ようようかー」と発音します。
日本で言うところのSuicaで、地下鉄・バス猫空ゴンドラ、コンビニなど
広い範囲で使用することが出来ます。
地下鉄ではこのカードを使うことで割引もあるので、とりあえず買って
いくらかの金額を突っ込んでおけば便利になります。

購入場所は、空港やコンビニ、地下鉄のカウンターなど。
夜行便で到着した場合は空港での購入は厳しいので
コンビニや地下鉄になるのですが、
私はまずコンビニに行ってカードのことを言ったら
チャージのことと勘違いされたり(伝わらない)
そもそも在庫がなかったりして購入できなかったので
最寄りの地下鉄の案内場所(改札の脇にあります)に行って
「ようようかー」と言ってからお金を出して All Charge Pleaseと
全額いれて と言うのが楽でした。

カードそのものが100元だったので
1000元を渡して900元チャージをしてもらいました。

今回900元チャージしましたが、
台湾は地下鉄やバスが尋常じゃないぐらい安いので
地下鉄・バスだけならば500元程度のチャージで十分事足ります。
クーフン行きのバスのような長距離のもの、猫空のゴンドラ
コンビニで飲み物購入などを考えるならもうちょっと入れておいて
も良いです。
余った場合は、空港のフードコートなどでも使えるので、
残りはそこで消化すればOKです。

このようようかーなのですが、日本のSuicaに比べると反応が悪いです。
(というより、Suicaの感度と処理スピードが異常)
なので、Suicaのつもりで使うとエラーになるので
ピッと鳴るまでしっかりタッチしましょう。

夜行便のトラップ

行く前の調査でも不安が大きかったのが
深夜便到着での桃園国際空港からの台北までの移動。
そして両替。

まず、深夜だと両替カウンターは荷物受け取りの通過地点の手前側と出た先
2カ所しかありません。
当然大行列です。
しかもカウンターが1つしか空いてないのでとてつもなく並びます。
自分の場合1時間半ほどこれで並びました。

並んだ後に気がつきましたが、とりあえず銀行ATMで少額キャッシングして
台北までいったらデパートなどで両替するほうがいいんじゃないかな?
と思いましたが、そこは初めての辛さで気づきませんでした。

ので、深夜に行く場合は
台北に行ける程度の金額を日本で両替しておく または ATMでキャッシング
が良さそうです。

あるいは、Expediaのサイトで
往復のタクシーを事前に予約することが出来るので
お金を気にしないなら、予約してタクシーで台北のホテルまで行った方が楽だとおもわれます。

続いて台北までの移動。
電車は動いていないのでバスで移動することになるのですが
このバスも1社しか動いていない上、10~15分でしかこない。
もちろん大行列。
この時点で時間は2時過ぎ(日本時間3時)このまま並ぶと余裕で日の出を拝めそうだったので
乗り合いタクシーの勧誘で、タクシーを使うことにしました。
1人400元。
おっちゃんがスマホの翻訳片手にホテルの場所やら聞かれたので
場所を伝えて、しばらく待って出発しました。

危険じゃないのかとか若干不安だったり(途中間違えたのか違う高速の出口から出てたり)しましたが
無事ホテル前につれてってくれました。
自分以外しらない言語で話し続けられる空間に30分とかいるのは尋常じゃなく
怖いです。
今回は問題なかったですが、もうちょっときちんと作戦をたてたほうがイイナァと思いました。

3時過ぎにホテルチェックイン。
スタッフの中には日本語ができる方がいたので
あまり苦にはなりませんでした。

そんな感じで、初の海外個人手配旅行
1日目、猫空~台北101につづく!!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*