[Python] D&Dした画像を1つのムービーにまとめるツールを作る [ちょっとSHOTGUN]

いずれSHOTGUNネタに繋がりますが、今回はD&Dした画像(画像サイズバラバラ)を
ツールにD&Dしたら1つのムービーにしてくれるツールを作ります。
ついでにPythonとPILの使い方復習もかねて。

ツールの仕様としては、
1 複数の画像をDDして使うコマンドラインツール(拡張子は画像ならOK)
2 最終的には非圧縮の1FPSの画像にする
3 出力先はDesktop
こんな感じとします。

どこでこんなの使うんだよ っておもうかもしれませんが
SHOTGUNに複数枚のチェック用静止画をUPしたいときなんかに使います。

以下コード

PILのマージンの作り方は こちらのサイト様 のコードを使用しました。

まず、今回はサイズが均一でない という条件が入るので
全画像のXとYの最大値を取得した後、いちどリサイズした画像をテンポラリなフォルダに保存してから
(ついでに拡張子の違いを吸収)
それをFFMPEGで結合します。
1FPSで作る理由は、SHOTGUNのプレビューページで見たときに、30fpsだと高速で流れてしまって見づらいから。
終わったらデスクトップに保存して終了になります。

あとはこれをEXEにすれば終了です。

たぶん日本語ファイルを投げたらエラーで死にそうですが、その辺は適当に直します(汗

SHOTGUNに複数ページのチェック画像をあげたい場合、これ以外にはPDFを上げるというという手もあります。
この場合、PDF1ページが1コマとして今回と同じようにアップは可能です。
ですが、PDF経由の場合アップされた画像の質が尋常じゃなく悪くなるので
個人的には、あらかじめ非圧縮AVIとして作成したのちアップするのがオススメです。
PDFならば、PDF→JPEGにバラす→AVIとするだけでかなり画質が向上します。

その場合、ダウンロードしたファイルがPDFじゃない!!!というので困る場合は
VersionEntityにアップロード用のFileFieldを追加して
元の画像をZip化かしたものだったりPDFをアップするのがオススメです。

こんな感じで、あまりにも情報なさ過ぎてみんなどうしてるの???感溢れるSHOTGUNの
ネタなんかをしばらくはちまちま書いていこうと思います。
ただし、そのまま今あるスクリプトを公開とかもできないので
書き直しをします。
その書き直したものはちゃんとテストしてないのでエラースクリプトの可能性もありますが
お許しください(´;ω;`)

ボンデジ様、超機能制限版でいいのでSHOTGUNテストできる無期限の体験版下さい…orz

One thought on “[Python] D&Dした画像を1つのムービーにまとめるツールを作る [ちょっとSHOTGUN]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*