MaxScriptの勉強 その5 よく使いそうなコマンドとか。

まだまだ続くmaxscript。

よく使いそうなコマンドと、調べるのにちょっと手間取った細かいコマンドメモ。

文字列置換 substituteString <source> <from> <to>

source のなかの fromの文字列を toに変換して返す。 mel でいうところの substitute

指定の文字で文字列を分割    filterString <string> <token_string>

stringを token_stringで分割して配列で返す。 melでいうところのtokenize pythonでいうところの string.split(“token_string”)
filterStringの場合は、token_stringに複数のパターンを入れることが可能
a-i-u_e_o “-_” とすると  #(“a”,”i”,”u”,”e”,”o”) になる。なにげに便利。

コマンド実行 execute <string>

melで言うところの eval
<stirng> に書かれたコマンドを評価して返す。

maxの言語を判定 sysinfo.GetMaxLanguage()
戻り値は配列。英語なら
#(9, 1, “ENU”, “英語 (米国)”, “en-US”)
のように帰ってくる。
Maxは言語ファイルがかなり深いところにあるせいで、言語によって処理を分けるときがけっこうだるい。
2013からはマルチ言語対応になったっぽいけど。
3DCGツールの日本語化なんて、どうせ日本語が日本語じゃないんだし 英語版でいいじゃん(´・ω・`)

その他、スクリプト関係の仕様メモ。
Max起動時に、自動的にmaxスクリプトを実行する方法

<MAX InstallPath>/Scripts/Startup の中に .ms ファイルを突っ込んでおく

実行しないまでも、自分で作ったコマンドを使えるようにする方法

Customize > Configure System Paths の、AdditionalScripts で設定していあるフォルダにスクリプトを置く。
デフォルトでは、 C:/user/<username>/AppData/Local/Autodesk/3dsmax/2012 – 64bit/enu(日本語maxならjpn)/scripts
ここと、おそらく、 <MAXInstallPath>/Scripts でもOKかと。

mayaの場合、 所定のところに置かれた userSetup.mel or .py  しか読み込んでくれないので
そこのところは、maxは非常に親切仕様。
しかし、置いとけば勝手に実行してくれるといたずらしほうd・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*