Canon卒業してα7R3買ったファーストインプレッション

長らく使っていた5Dm3がバッテリーまわりが色々おかしかったり、時々Error表示で撮影できなくなったりと
挙動不審になってきたので、5Dm4買うかα7R3買うか迷ったあげく
Canon卒業してSONY教に入信したので、その第一印象やらのまとめをば。

まず、なぜにα7にしたかというと
5D(というかミラー一眼)がでかくて重いなと思うシチュエーションが多くなってきたから。
以前はミラーレスだと除いたときの感じが気持ち悪かったり
諸々の事情から倦厭してたのですが、さすがに今の時代にまでくると
以前いやだったところも改善されて、取り回しも良くなおかつ
画質もかなり高い(というか下手したら5Dを越える)レベルまできたんですよね。

これならまぁ、小型なのを優先しても良いだろうという事になりました。

問題なのがレンズ資産。
よく使うのが24-105mmL、魚眼、100mmマクロ、35mmF1.4あたりで
さすがにこれをSONYで買い直すのもしんどい…
ですが、シグマ製のコンバーターを使えば、AFもつかえて
ケラレなどもなく、普通に使えたので
レンズ資産周りはクリア出来ました。

とはいえ、一番使う標準レンズにコンバーター使うのもアレだったので
発売後から品薄だった24-105mmを一緒に買いました。
(これが店頭で売ってたら買うと決めてました)

今回はヨドバシで購入しました(延長保証付き)
本体買う→ポイントでレンズ買う と、若干めんどい買い方しましたが
その方法なら、マップカメラと同額ぐらいだったので
色々保証やら安心含めても良かったんじゃないかなぁと思います。

追加装備やら

そのままだと、小指あまりで微妙にグリップが良くないので、ボディーケースを買いました。
http://amzn.asia/6bemN7W

若干グリップ部分に余白があるのが気になりますが、持った感じの違和感はなく
小指のあまりもなくなって非常に持ちやすくなりました。
さらに、アルカスイス規格のクイックシューも付いているのがGoodです。
見た目もおしゃれ。

SDカードまわり

SDカードだし手持ちのあまりカード使えばいいやと思いましたが
書き込み20MB/s程度だとはっきりいって使い物にならないので
90MB/s書き込みのコレと現状最速のコレを買いました。

速度を比べてみたのですが、90MB/sがこれで

早いほうがこれ。
たしかに高い方が早いのですが、
32GBで1万するのと、128GBで8500円ぐらいとなると…正直そこまで必要かといわれると微妙。
α7R3は、非圧縮RAWを使ってても30枚以上バッファにためられるので
正直UHS-2のカードじゃなくても書き込みは余裕で間に合うので
容量優先で良いんじゃないかと思います。

α7R3も5Dm3と同じくデュアルスロット対応なので、片方を書き込み90MB/sで
非圧縮RAWをとりつつ、SLOT2をEyeFiにしてスマホに画像を飛ばすようにしました。

設定で微妙に悩んだのが、振り分け。
記録モードを振り分けにしても上手くいかず、ううううだめなのか?と思ったら
別階層にあるファイル形式を「RAW+JPEG」にしないとダメだったというオチでした。
いやいやわかりにくいよwwww
GUI周りは他にもわかりにくいところが多く、Canonのほうが好きです。

バッテリーまわり

SONYはバッテリーが持たないという印象があったので、予備のバッテリーも1つ買いました。
現状安いサードパーティー製のバッテリーがないので
高いのしかないのがキツイですね。
車の中でも充電できるようにしたかったのでmicroUSBで充電できる充電スタンドも買いました。
(体感だと、充電遅い)

が、買った後にUSB給電できることに気がついたので、L字型のUSBTypeCのケーブルを買って
Ankerのモバイルブースターにつなげばいいじゃん と言うことになりました。
ずっとつけっぱなし+EyeFi起動状態で2時間ぐらいうろうろしていたのですが
ほとんどバッテリーが減らずだったので
USB給電スタイルなら予備バッテリーすらいらないかもしれません。

L字ケーブル(1m)で、モバブーをカメラバッグに入れておけば
ケーブルが邪魔になることもなく、電池の心配も一切いらなかったのが素晴らしい。

三脚。

5Dにくらべて大分軽くなったのでVelbonのウルトレックにSLIKのアルカスイス雲台
を取り付けたものにしました。

固定具合もよく、ボディーケースのクイックシューとの相性も抜群でした。

ガッツリ夜景のときとかは、これだと心許ない気もしますが
そのときはジッツォの大型三脚持って行けばいいかなと思ってます。

最後にフラッシュ

買い直しが必要かと思ってましたが、手持ちのCanonのフラッシュでも普通にイケたので
しばらくはCanonのフラッシュで行こうと思います。

そんな感じで、レンズとフラッシュはCanonのものを流用できたので
Canon→SONYの移動も思ってたよりはきつくなかったかな?と思います。
コンバーターでのレンズ使用が思ってたより良かったのがデカイです(面倒だけど)

試し撮り

色々慣れるために、現像なしの撮って出しわんこ。
ISO12800でも全然気にならない…

5Dm3比で、黒がわりとキリっとでる印象。

河津サクラ。

やっぱり慣れるまでしんどそうです。
ファインダー覗いたときの色と、実際にでてくる色とがけっこう違ったり
フォーカス合わせたり、絞りコントロールしたりとかの
勝手がけっこう違うので、これはもう数撮影しにいくしかないかなぁと思ってます。

そんな感じで、最近旅行いってもそこまで撮影する気分になれなかったり
外に出る気力0だったりしましたが、
カメラを手に入れたおかげで外に出かける意欲が沸きました。

しばらくは近所だったりをうろうろしつつ、
次の3月末の愛媛に向けて特訓していきたいと思いますよ(`・ω・´)

One thought on “Canon卒業してα7R3買ったファーストインプレッション

  1. 別々のカードに書き出すと書き込み速度は遅い方に引っ張られたはずです
    つまらないことですがご存知でしたらご勘弁を
    私は一筋6年くらいですがSONYはそういうところにちょいちょいトラップがあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*