[IoT] GoogleHome+NatureRemoでいろいろ家電を弄る

2017年も終わって2018年になりました。
年が変わってもやることは同じです└(┐Lε:)┘

2017年に日本でも発売されて、一部で話題になっていたGoogleHome miniを手に入れたので
万能赤外線リモコン natureRemoと連携して音声非対応のルンバを動かしてみました。

natureRemoはスマホからエアコンを操作できるようにできる赤外線学習リモコンなのですが
エアコン以外も、赤外線リモコンを学習させてスマホから実行出来るようにできます。
我が家の場合、ルンバ以外に エアコンとライトを使えるようにしました。
(テレビはChromeCastでHomeから操作できる)

まずは設置。

NatureRemoは初期設定をしてから部屋全体に行き届くように壁の上に貼り付けました。
両面テープ付属なので、それで壁につければOK、10cm四方ぐらいと以外と小さいので
両面テープでもきちんと固定できます。

そんでもってGoogleHomeMini。
3000円のときに買っておきました。
枕元に置いてるのですが、10畳ほどの部屋のどこからでもわりと反応してくれます。

以上で設置は完了。
NatureRemoにルンバの赤外線リモコンを学習させておきます。

GoogleHomeからの操作にはIFTTTを利用します。
natureRemoはIFTTTにも対応しているので、ライトなどは特になにもせず

GoogleAssistantをトリガーとして、

ボタンを実行すればOKです。
ですが、ルンバの開始ボタンは、リモコンの開始ボタンを1回押しただけでは正しく動作せず
何度か押さないと掃除が開始されません。

ので、それを解決するために MESH といういろんなタグに応じて自動で処理を実行してくれる
サービスを利用しました。

Meshは、 あかるさ・温度・ボタンのような物理タグをトリガーにして
ノードベースで処理を組めるというサービスです。
今回は、とくにタグを使う必要はないのですが、最低限1つはタグをつないでいないと
自動処理が走ってくれないので

いずれ遊ぶのに使おうかなと、温度タグを買っておきました。

IFTTT側で GoogleAssistant→Meshにトリガーを送る のと
Mesh→NatureRemoでルンバに信号を送るのを作成しておいて
Assistantから指示がきたら、ルンバを実行するコマンドを1秒おきに5回送信
するようにしてみました。

ノード的にForがないなぁと思ったのですが、タイマーとカウンターを組み合わせることで
X回繰り返す という処理を作成することができました。

(コウイウノタノシイ!!)

ルンバへの指示は、数が多くても問題ないので多めにセットしておけば
不発を防ぐことが出来ます。

最後に、掃除がはじまったらLINEに通知を送信します。

今回はAssistantですが、指定範囲外に出たら掃除開始とかにするのも
面白いかなぁと思います。

難点は、IFTTTからMeshへの通知へのラグがけっこう多く
だいたい10秒後ぐらいに実行されます。
今回なんかはそれでもOKですが、テレビとの連携とかには使えなさそうですね。

Meshを使用しない場合のIFTTT→NatureRemoならば
ほぼラグなしで実行出来るので、電気をつける・けす などはそれでOKです。

もう1つが、実行するにはタグとMeshアプリを一緒に置いておかなければ行けないところ。
今は常に自宅においてあるiPadProに入れてるのですが、それはそれで不便なので
近いうちにラズパイ+MeshHubを動かせるようにしてみようかなぁと思います。

音声制御は、声出すのあれだしなぁ・・・と避けてましたが、やってみると
いろいろ連動したり出来るのでとても面白いです。
MeshもAPIを使用すると、出来ることの幅は広がりそうなのでゆめはひろがりんぐ。

まぁ正直、すげー便利になるというわけではないんですが
便利にすることよりも自動処理作ったりすることそのものが面白い!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*