[Unity] Unity用のサポートツールを作る

旅行日記とUnityが交互になっててなかなかカオス

ここ最近ずっとUnityを勉強中でしたが、触っていると「これ手でやるのめんどくせーなぁ」とか
「ここはツールにできたらいいのに…」と思うことが多くなってきました。

さすがにできねーことはないだろうと思ったらできたのでメモをば。

まず、Unityを拡張するツールを作るときは Editor フォルダの下にC#ファイルを配置します。
配置すると、自動でEditorScriptsとしてUnityがロードしてくれます。

ツールの見た目はこんな感じ。

Assets/Editor フォルダ下にスクリプトを保存すると、
特に何もしないでもMenuにMyTools>CreateAssetsFolder というタブが追加されて、
クリックするとUIが表示されるようになります。

OnGUI内に、UIのパーツを配置して、
Openは、UIが実行されたときに呼ばれる関数。
Buttonは if の中に呼ばれる関数を書けばOK。

Menu追加も起動も非常に簡単ですね。

試しに、Assetsフォルダのサブフォルダとかを作るのが面倒だったので指定のフォルダを作ってくる簡単なサンプルを作ってみましたが
やろうと思えば何でもできる感じがたまらなく楽しいですね。
今のところはフォルダを作ってるだけですが、これを使用して決まったシーンを作るとか、
基本構成を構築するとかができるんでしょうかね。

実験することが増えてしまった…やることだらけで困る(´・ω・`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*