ゼロから始めるC#生活 その5 デリゲート

PythonでデリゲートというとPySideのアレを思い出すのですが
C#の場合は若干違うようなのでメモ。

とりあえずサンプルコード

デリゲートとは 「委譲する」という意味で、C#の場合は
関数などを直接呼び出すのではなく、代理に処理を渡すことを言います。

↑のサンプルの場合、Delegate a を作成したあと、「Test_A を実行してね」と
セットをしています。
そうすると、デリゲートaを呼び出すことで、Test_Aを呼び出す挙動をとってくれます。

Pythonでいうところの、関数の代入ですね。

+=の挙動はできませんが、それ以外は↑とほぼ同じ挙動になります。

イベントハンドラやコールバック等は、このデリゲートを使用して動いているらしい。

用語と挙動が結びつかなくて、なれるまではやっぱり大変だ(´・ω・`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*