AEの素材ロード時間をはかってみた

仕事の作業環境改善のために、ロード先が早ければAEのロードもはやくなるのか検証してみました。

素材のロード先を変えてそれぞれ速度を計測。
ローカルドライブのHDDとSSDの差 CPUの違いでどのぐらい差が出るのかチェックします。

テスト環境 1
i7 870 Mem 16GB GPU GF465
1 SSD Intel320シリーズ 160G
2 HDD 320G単品
3 HDD 500*4 RAID0
テスト環境 2
i7 2600k Mem 8GB GPU Quadro600
4 SSD クルーシャル m4 128GB
5 HDD 日立 1TB
番外
6 ネットワークサーバー

使用データ
90f 1.2Gぐらい 960*720 の素材が7~8

まず、参考までにネットワークドライブだと、2分24秒(論外)
以下それ以外
1 22.5秒
2 23.3秒
3 25.1秒
4 18.2秒
5 18.5秒
小数点以下はストップウォッチを押したときの誤差な気がするので、SSD・HDDの差は殆どなく
CPUの違いによって速度が変わるみたいです。

今回はC2QのPCではテストしていないのであくまで予想ですが、C2QのPCとi7のPCとでも差が開くんじゃないかと思います。
なぜかといえば、単純なCPU差もありますが それ以上にメモリがDDR2からDDR3になったことによって メモリへの読み込み速度が早くなっている
んじゃないかと思うからです。
CPUのクロック数による差、メモリの差で実際のところどの程度早くなるのかどうか。
MayaのレンダリングはCPUのクロック数に比例して早くなりますが、AEも同様なのかいずれ検証してみたいです。

その辺OCして遊びつつテストしてみるのもありかと思ったのですが、ジサッカーではあるもののOCは専門外。
PCぶっ壊しそうで怖いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*