にいがた酒の陣に行ってきた

朝5時おき、6時前出発 7時半の新幹線にのり 9時半に新潟着 という意味不明なスケジュールでにいがたにやってきましたれみりあですこんばんわ。

来週の綿密にスケジュールを組んでいる京都旅行とはうらはらに、ものすごいものの勢いで行くことをきめたにいがた酒の陣一人旅。

本当ならば、土曜日にきて日曜日に変えればいいのに、土曜日が梶浦LIVEなせいで、土曜日からは参加できずだったので月曜日朝1で東京へ帰るという、行き以上に意味不明なスケジュール。

その上、荷物を持って会社。

酒と米菓を抱えて出社とか意味不明もいいところです。本当にありがとうございました。

そんなこんなで、酒の陣。

まず新潟駅について、先におみやげをかってホテルに荷物を預けようとしたのですが、

第一の目的だった里仙(和菓子屋)の位置がわからず、盛大に迷子になり早速プギャー状態。

店の人に場所をきいてなんとか到着して、荷物をあずけて、我らがマスター あきゅらさんと一緒に酒の陣会場に付いたはいいものの

早々に駐車場がいっぱい。

なんとか止めたあと、会場に入ったら 入場待ちの長蛇の列。

 

ひwとwおwおwいw

どこまで続くんだよっていう勢いで入場待ちの列が伸び、はいるまでに20分ほどかかる始末。そりゃ、2日で10万人。

人が多いイベントの代表格のゲームショーが4日で22万(一般2日が16万) コミケが3日で50万 という数字を考えると、新潟でのイベントと考えると衝撃の数字ですよね。

何が恐ろしいって、おそらくここに来てる人の半数以上は酒飲み=5万人以上のよっぱらいがあつまる会場…カオスすぎる。

まぁ私も その10万人のよっぱらいの1人なんですけどね。

 

とはいうものの、非常に酒に弱いので量はのめないので 今回は一所についてきてもらった我らがマスターあきゅらさんのオススメの酒と、いくつか気になったものを中心に10種類ほど飲んできました。

飲んだのは 雪中梅 鮎正宗 君の井 真稜 管名岳 吉野川 越後雪紅梅 〆張鶴 群亀 越乃景虎

の、一番高そうなやつ。

正直、飲んだものにマズイものはなく非常に美味しいお酒でした。

ただ、こうして少しづつのみ比べてみると全部味が全然違って非常に個性的でした。

そんな中でも、お気に入りだったのが 真稜と管名岳の2つで 真稜はいままでに飲んだ日本酒どれよりも飲みやすくて、アルコール臭さとか主張が殆ど無く、飲んだ瞬間水?と思うぐらいすっと飲めるのですが、ほのかにお酒の香りが残り 量飲めない私でも何合ものめそうな

ある意味危険な感じでした。

管名岳のほうは、正直どんなタイプの味だったか覚えていないのですが(orz)とりあえず、飲んだ時の美味しさのインパクトが一番ありました。なので、今回は管名岳の大吟醸をお土産に買って帰りました。 720ml 3500円也(‘A`)

基本飲めない酒好きなので、量より質です。

 

そんなこんなで、勢いで決めたさけの陣参戦でしたが めったにできない酒飲み比べもできたし、美味しいお酒も買えたし なかなか満足な旅になりました。

来年も参加したいですが、その時は今回のような強行軍はしないで 土日参加、日曜日早めに帰る ぐらいの日程にしようかと思います。

 

おまけ。

一人旅が好きな割に方向音痴なのですが、新潟駅ついても早速迷い 里仙の店舗見つからず駅を彷徨いホテルを探して彷徨い なかなか酷い有様でした。来週が思いやられますね。

帰りの新幹線に乗ってから 〆張鶴の酒粕をホテルの冷蔵庫に入れていたことを思い出し凹みました。

加島屋の鮭茶漬けとかもろもろ瓶詰めを買って自宅に宅配していたのが届いていました。値段は高かったけど、とても美味しかったので買ってよかったです。

酒のつまみにと、つぶ貝の酒香煮とかホタテの貝柱煮とかを買っておいたので これをつまみに、あとでお酒を味わおうかと思います^w^

 

来週は、京都~奈良~伊勢~名古屋 6泊7日のうまいものめぐり&写真撮影一人旅。

4~5ヶ月前からいろいろプランをたてて、終わったらぶっ倒れるんじゃねーか?と思うような強行軍をしてくるつもりなのですが、こんかいの旅行でライフ0近くになってたので来週の日程が非常に心配です。

どうなることやら…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*