Maya Python環境をつくろう

MayaでのスクリプトはMel一択だった私ですが、Melの制限 とくに変数の自由度の無さと、関数の戻り値とかの制限の多さに いい加減嫌になってきたので、完全Python化に乗り出しました。

といっても、自社コマンドがMelだと 色々とすり合わせが出来なくて歯がゆい事になってたので
もう、いっそのこと1からPythonで作り直したほうがよくね?
にいたり、1日2時間ぐらいづつかけて ちまちまコマンド書き換えしていくことにしました。
本当は1ヶ月ぐらいそれに集中したいところではありますが、プロダクションワークやら他の書き仕事もあり 時間ができたときにまとめてやる なんぞ、永遠に来ないのはアタリマエのこと。
一応、そのまま翻訳して 一対一でコマンドつくろうかとも思ったのですが、それだとあまり意味が無いので
再設計して、整理して使えるように整備する なおかつ、プログラムにとっつきにくいひとでも手が出せるように整備する…までやろうと思います。
もともと、人が作ったものをただ使っていることに 非常にもどかしさとむず痒さがあったので それをなんとかするいいきっかけなのかなと思います。
人のつくったフレームを 自分なりに再構築するっていうのは、武者修行としては最適です。
終わる頃には、私自身のスキルの階段を 何個か登れるんじゃないかなぁとおもいますが 果たしてどうなるのやら。

珍しく、サイトのPython記事にまとめを書いてみました。
何番煎じだよwwwwな記事ですいません。はい。
http://flame-blaze.net/reincarnation/MELandPython/pythonMemo/pg204.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*