日本劇伴交響楽団(アニメシンフォニア)のトラブルなコンサートの話

近頃Twitterやらなにやらで騒がれてる日本劇伴交響楽団のアニメ楽曲コンサートに
私も行ってきたので、感想やらを交えて思ったことでも。

まず事のあらましは

アニメの劇伴をテーマにしたコンサートやるよ!メインは進撃だよ!と大々的に告知

昼の部・夜の部 の二部制で、両方とも後半が進撃と、メイン扱い

まどマギ・エヴァが告知

開催3日前になって進撃が権利者と揉めたため取り消し

取り消したけど、一部変更の可能性あるよ って書いてあるから、払い戻しはナシな
という運営に対して、進撃目的でチケットを買った人・昼夜通しで買った人が激怒

運営団体がとてもきな臭い感じ&対応が2日間しかも2時間づつという自体にさらに激怒
行政を巻き込んでのトラブルに発展

本番

本番後、まどマギの曲に盗作疑惑発覚

公式Twitterで払い戻しはないと再度告知がでる(←イマココ)

私は、梶浦ファンで澤野ファン しかもオケ好きだったので うほっ これはいいイベント!!と食いつきまして、昼の部のチケット(A席)を購入しました。
正直、3日前に告知(もう少し前には確定していたにもかかわらず)だったり
運営の対応がアレすぎだったりで、正直げんなりだったのですが
まぁそれはそれでまどマギはあるしエヴァも嫌いじゃないからいっかー程度、当日のノリを楽しみに
ききにいきました。

当日の演奏自体は、なかなか良かったと思います。
コンマスのヴァイオリンも良かったし(マイクの音のとりかたがあまり良くないなと思ったのは私だけか?)
期待してなかったアラカルト枠のYOUとガッツ、それにオケ+かなたろうのシュタゲも良かったし
まどマギは本編をうまくなぞった良アレンジで非常に良かったです。
個人的には、イングリッシュホルンとオーボエが非常に良い仕事をしていたのが良かったです。
トラブルさえなければ神イベントだったろうになぁと、とても残念でした。
今回のクオリティで進撃の巨人が聴きたかったです。

残念な点は、3つほど。
1つめが、正直司会が最高にウザくてきくのが正直キツかった所。
今回のコンサートのノリなら、わりとしっとりとした声でアナウンスするぐらいのほうが良かったと思います。
2つめが、聴いてるときは位置のせいかとおもったのですが
時々音が暴発というかぶっとんでたように聞こえた所(マイクを使ってるせい?)
3つめが、アンコールが喜びの歌だったと言うこと。
エヴァがあるからかもですが、せっかくなんだから劇伴の曲やってくれよ…と思いました。
起こったことをありのまま話すぜ…アニメの音楽を聴いていたとおもったら、アヴェマリアと喜びの歌を聴いていた(ry
そんな感じになりました。
思うに、アンコールは進撃の巨人だったんじゃないかと思います(エヴァは元々夜公演限定だったし)

今回のトラブルの件で思うこと。

なにが問題だったのかというと、
1 版権問題ちゃんとクリアせずに、大々的に客寄せに進撃の巨人の名前を使ったこと
2 権利関係で問題が発生した段階で公表せず、3連休前の金曜日夜に公表したこと
3 曲変更というより、イベント変更に近い変更にもかかわらず払い戻し対応をしなかったこと
大きく分けるとこの3つになるのかなと思います。

運営的には、がんばったけどダメでした。私たちは悪くない、だから許してね。的な立場を取ってますが

いや…どう考えてもおまえらがちゃんと確認をとらずにやったのが悪いから。

進撃はちょうど映画もやってるし、実写映画も近いし、近年ではかかなりのHITと呼べるアニメ作品
なので、権利関係は色々あるだろうというのは素人のわたしでも分かる事です。
(JASRACとは交渉していたようだが…)
その辺をちゃんとしていなかったのは明らかに運営の失態だし、それを自分ら悪くない
のように言うのは筋違いでしょう。

公表時期について。
個人的に、この件が悪質だなぁと思うのがこの中止決定の告知がでたのが
金曜日の夜だったという事です。
15日の段階でダメなのが確定していたとのことなので、この段階で告知をしていれば
あるいは揉めた段階で告知がでていればだいぶ違ったんじゃないかと思います。
実際に問題が公にでたのが金曜日の夜。
行政に訴えようにも土日は対応がきかず、日程変更や遠方からの遠征組は予定を変えるに変えられず
まさにそんなタイミングでの発表は、非難されても仕方が無いんじゃないかと思います。

曲目変更に関しては、どのイベントでも同様の注意書きは存在します。
別に珍しいことではありません。
私の記憶にあるのだと、PRESS START(だったかな?)で、聖剣伝説LoMの歌曲をやる予定だったが
歌手が急病で参加できなくなったので、急遽インストを…みたいな事があったはず。
ですが、今回の場合はだいぶ話は違っていて、
完全にナシになった上、別の内容だった昼と夜を同じ内容に…という変更のため
もはや一部曲変更ではなくイベント変更に近い内容になってしまったことです。
ベートーヴェンのコンサートだとおもって買ったチケットがバッハになった、けどクラシックコンサートとして告知してたから払い戻しはしないよ! というのに近いです。
その上、一番始めに告知されたのが進撃で、2公演両方でやるのも進撃…あきらかにメインコンテンツです。コレが全部無くなっても払い戻さないのは対応としてどうなんだろう?と思います。

じゃあどうすればまだマシだったのだろうか?

1 一部の払い戻しに対応
全部はさすがにどうかと思うのですが、
・ 昼・夜通しで買った人の片方分の払い戻し
・ 15~17日の間に買った人へ払い戻し
この2つは対応したほうが良いと思います。
前者は、プログラムが違うからこそ買ったのに同じになってしまった事から対応の必要じゃないかと思う、後者は、進撃がなくことが確定していたのに告知がおくれた(遅らせた?)事への対応。

2 電話対応の時間延長
18~19日のそれぞれ2時間というのはさすがに短すぎるというか、やる気があるのだろうかという気がするので、せめて一日中の対応をする。

3 開始前にMCではなく運営者からの変更についての説明・謝罪

4 パンフへ変更に関する文面を挟む

5 Twitter・Facebookでの対応を手厚くする

個人的には、権利関係をやらなかったことと告知遅くした段階でAUTOだとおもうんですが
中止に追い込むとかは、これはこれで楽しみにしていた人に対しては
酷い仕打ちな気もするので、上ぐらいの対応を誠意をもってやっていれば
だいぶ違う結果になったんじゃないかなぁと思います(それでも怒りはあるだろうが)

イベントでは、第二回は~的な事が言われていましたが、トラブルの発生の仕方といい
対応といい、第二回があってもどれだけの人が食いつくか分からないでしょう。
個人的には演奏自体は満足だったのですが、次もチケットを買うかと言われると正直微妙です。

私はアニメやゲームのコンサートが大好きだし、どんどん増えてほしいと思っていますが
今回の一件で、イベントが減ってしまわないか 無くなってしまうのではないかと不安があります。
むしろ、版元が開催するイベント以外はどんどんユーザーが離れてしまうのではないかとさえ思ってしまいます。

まぁ、当面の所は
当日、消費者庁担当のTBS取材が来ていたり、消費者庁に対して問い合わせをしている方も
結構いるようなのでしばらく動向をチェックして行こうと思います。
どうなることやら…

22日追記。

なんかえらくアクセス増えててワロタ
それだけ、アニメ好きにとっては大事件だったのかなぁと思います。

なにやら色々と追加で情報がでてるっぽいですね。

ここまでくるといっそ感動すら覚えるLvですね(汗
今回怒ってる人は、たとえ違法でも進撃の音楽が聴きたいと思っているわけではなく、
急遽中止したのにまともな対応をしなかった事に怒ってると思うんですが…
まどマギの盗作騒動は、
ワル響のアレンジした人と今回の演奏した曲のアレンジが同じ人だけど、

ワル響は、自分たちが演奏するよってことで編曲OKをもらっていて外には貸し出ししないよってなってたはずが、許可の無いまま使用された…という事でしょうか。
いや・・・盗作疑惑だったら、似てたから(いやそれでもいろいろアウトだけど)で済むけど
これは完全にアウトです、本当にありがとうございました。

あと、返金するなら2日買った人と~ みたいな事書いてますが、これに+して情報公開されて進撃しか告知されていなかった時点での人も・・・いや、正直買った人払い戻し対象として良いと思いますよやっぱり(汁

詳しい経緯が書かれているまとめが出来ていました
アニメオーケストラ「Anime Symphonia」で発生したトラブルについて #アニメシンフォニア
改めてみるとすごいなぁ(汁

8/2 追記

またアクセス増えたなーとおもったら、進展があったようですね。

 

ぶっ・・・

いやいやいやいやいや…..これはさすがにないわー…まじないわー….
時系列だと

1/18 1回講演決定(このときには進撃は発表されていない)
2/27 進撃の巨人の演奏が告知される
3/18 ポニーキャニオンが劇伴の動向を察知
4/10 全プログラム・出演者などの発表
4/20 演奏中止の申し入れ
7/8  差し止めの仮処分
7/15 裁判所に申し立てが認められる
7/17 公式で演奏中止を告知

・・・うん、ないわー…
7/15にNG確定したということで、実際に争われたのは7月ぐらいからだったのかとおもったのですが
かなり初期から中止の申し入れがされていたというどうみても真っ黒なお話でした。

日本劇伴交響楽団のアニメシンフォニアの未確認情報がガセかと思ってたらガチだったでござる

細かい考察はこちらの方が書かれています。
裁判所は普通はでてこない、ここまでNGだすのはなにかある..ということで、無断で進めてた上に
いろんなところで逆鱗にふれるようなことがあったんでしょうね(ないわー
事実が発覚する前から、対応の手順が絶望的にアホすぎるとおもってたのですが
ここまでくると、わざとやってるのでなければ事務方からトップまでやることなすことすべてワーストな選択肢をしているとしか思えないです。
いやほんと…

こうなると、第二回をやるにしてもどこの版元も協力しないと思うし
かなりの騒ぎになってるのでチケットを買う人もいないだろうから、第二回以降はまずムリでしょう。

第一回のチケット払い戻しはどうなるかはわかりませんが、ここまでの笑えない事実が発覚した以上
行政を巻き込んで何かしらの対処をしてもらいたいです。

そういえば、私も20日ぐらいに問い合わせメールを送っていたのですが華麗にスルーされてます。
対応が8月まで行われると言うことですが…話を聞く限り他の方も同じような状態のようです。
ほんとどうしようもない感じですなぁ…

日本劇伴交響楽団(アニメシンフォニア)のトラブルなコンサートの話」への2件のフィードバック

  1. コメント失礼いたします。
    貴方がいい仕事をしたと感じたオーボエ奏者が今回の騒動の中心人物だったりする可能性が極めて高いのですが、
    まぁ、オーケストラの中の音で人となりは判別できず、
    人となりがどうあろうと、それが露呈されずに表面上いい仕事ができればOKというのは、
    しょうがないこととはいえ、
    一抹の残念さを覚えるなぁという、
    そういう感想を抱いた次第です。
    失礼いたしました。

  2. 正直、よいと思ってたのがまどかのアレンジで、その中でのオーボエだったので
    なんだかなぁ感は大いにありました(汗

    音のよさと運営はまた別のレイヤーで考えるべきことかもですが、
    今回に関してはいろいろと残念ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*