EvernoteとGoogleドキュメントの話

何人かに EvernoteとGoogleドキュメントの違いがわからん 片方からは Evernoteだけあればよくね? もう片方からEvernoteの使い方がわからない、Googleドキュメントでよくね? と突っ込まれたことがあるので、せっかくだからBlogのネタにしてみます。

おおざっぱに違いを説明すると、

Googleドキュメント →  マイクロソフトのOffice
Evernote      → メモ帳 + スクラップブック

という感じに、お互いの得意とする分野は結構違っていて 機能はあまりかぶっていません。

わかりやすいほうから。Googleドキュメント
Googleドキュメントは、マイクロソフトのOfficeをネット上で共有して使えるサービスで Word Excel PowerPoint をインターネットが使えるところならどこからでも自由に編集することができます。
それ以上に強力なのが、同時編集。
通常のExcelファイル等は、1人が開いたら他の人は編集できませんが、Googleスプレッドシートならば複数の人が同時に編集することができます。
編集出来る人・閲覧出来る人も制限をかけられるので、プロジェクト管理等でExcelを使っている場合は、Googleスプレッドシートに移行するととても幸せになれると思います。
もちろん、グラフ化含めてExcelで出来ることはほぼできます
Wordも同様で、マニュアルを複数の人で書く場合なんかも、同時に編集が可能で、お互いの編集で上書きされることもないので非常に便利です。
これを使っていると、Officeソフトがいらない子になります(´・ω・`)

続いてEvernote。
いわゆる、ネット上のなんでもメモ帳という触れ込みのEvernote。
タグをはって整理したり、ノートブックにまとめて細かいメモ帳を管理するのに非常に向いています。
メモ帳のくくりだと、Googleドキュメントの文書と機能がかぶりますが Evernoteはより手軽な文章を書き留めておくのに向いていて、AndroidやiPhoneアプリから文章をPostすることもできます。
というのは前座で、Evernoteの強みは「画像のOCR機能」だと思われます。
スキャンした画像をEvernoteに突っ込んでおくだけで、勝手にOCRをかけてくれて画像検索をできるようにしてくれます。
これを利用して、iPhoneカメラでレシート撮影→Evernoteにポスト→検索可能 というのを利用して家計簿化という使い方もできますし、仕事のノートをスキャンすることで 過去の自分のノートを検索して引っ張り出したりという使い方も出来ます。
前の日記でこのへんは書いたかもしれませんが、非常に便利でオススメ。
キングジムから、専用のメモ帳SHOTNOTEなどが出ていますが、メモ帳のわりには高価なので私はCamScannerを使っています。 オヌヌメ。
もう1つ、Webのスクラップブックとしての使い方。
ChromeやFirefoxのアドオンを使うと、今見ているページや選択している部分をEvernoteにまとめて保存することができます。
お気に入りと違って、データをそのまま保存できるので、サイトが消えてしまうという心配もないですし、タグをつけて振り分けもできるのが非常に便利です。

私の印象ですが、Googleドキュメントは複数の人で編集したり情報を共有する場合に有効で、Evernoteは個人の情報を自分で整理するのに向いている気がします。
Evernoteも、ノートを他人に公開することはできますが、同時編集のようなことは出来なかった気がしますし。

そんな感じで、普段Officeを使うようなこと、使ったほうが楽なもの 複数で同時進行で編集したりしたい場合は Googleドキュメント。
自分の記録を取ったり、細かいメモを撮ったり、Webスクラップをしたり、OCRで文章を保存したりしたい場合はEvernote という使い分けがいろいろと捗ります。

Googleドキュメントでのマニュアル作成や、Googleスプレッドシートでの仕事管理とかに慣れてしまったら 二度とローカルでの作業には戻れません。
ので、世の中のプロダクションでももっと普及すればいいのになぁと思って入るのですがなかなか広がりませんね(´・ω・`)
が、非常に便利なのでぜひとも導入してみてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*