1P6A3971

[一人旅] 鳥取に蟹を食べに行ってきた!!

2月の旅は 『食』 の旅。
ということで、一度はやってみたかった日本海の冬の幸 タグ付き松葉ガニをたらふく食ってこよう!!旅行をしてきました。

蟹を食うというのは良いのですが、問題はどこに行くか。
本当は京都の日本海側あたり宿泊にしたかったのですが、一人宿泊で蟹を食べれる宿というのがない(あっても6万とか)ので、他を色々探したら
鳥取県米子市にある皆生温泉シーサイドホテルに蟹満喫コースがあったので、そこに決定しました。
本当は蟹だけたべて帰ってこようかな?と思ったのですが、さすがにそれは勿体ないので
去年の夏に行った出雲~松江旅行でやりきれなかったことを補完するような旅行にしようと思って
日程を決定しました。

今回は行きは夜行バス、帰りは飛行機。
往復飛行機+レンタカーが良かったのですが、私の中では鳥取=雪が多い というイメージだったので
行き損ねることがないように行きは夜行バス、移動は電車とバスにしました。
が…行ってみたら雪がまったくない。
タクシーのおっちゃんに訊いたら、鳥取空港はアレだけど米子はほとんど雪がないという情報をきいて( ゚Д゚)ポカーンでした。

1P6A3781

そんなこんなで、7時15分新宿発のWILLERの夜行バスで出雲大社前まで行きました。
椅子は3列シートだったのですが、後ろまでがっつり倒すのがはばかられる感じなのが辛かったです。
コクーンとかVIPライナーのロイヤルブルークラスのバスだと良いんですけどね。

8時45分に現地に着いて、ノンビリ出雲大社を回りました。

1P6A3796

さすがに朝一番のおかげで人が少ない..のですが、思ったより人がいました。

1P6A3816

あちこち工事中

1P6A3824

うさだんぼー

前回来たときにはなかったうさぎが追加されてました。

1P6A3850

今回は標準レンズと魚眼レンズの2本体制で行ったのですが、
写真メインじゃない撮影にはちょうど良い構成でした。

1P6A3865

ダンボー 兎と戯れる

1P6A3871

その後は、9時半のオープンに併せて朝食がてら かねやさんの割子そばを食べてきました。
ココのおそばは色々食べてるおそばの中でもトップクラスに美味しいので好きです。
さすがに朝からそばをたべに来る人は少ないのか、私が行ったときは他のお客さんはいませんでした。

1P6A3880

出雲大社手前ぐらいにあるお店で小さいノドグロ(500円)を食べました。
ノドグロを食べたのは初めてですが、脂ぎっしりで(゜Д゜)ウマーでした。

1P6A3883

その後、近くのカフェで特大パフェを食べました。
が….食べようとしたところで、パフェにこつんと当たってしまって

がしゃあああああああああああああああああん

・・・あんぎゃあああああああああああああああああああああ

とまぁ、倒してしまいました。
(´;ω;`)
そうしたら、非常にありがたいことにお店の方が作り直してくれました。
orz 感謝

ボリュームもさることながら、バランスも良くてとても美味しかったです。
しかし、多かった…お昼がいらなくなるぐらいに。

1P6A3891

その後は歩いて旧大社駅を見物しにいってきました。
ここも前回行かなかったところ(というかこんなところがあるとはしらんかった)

1P6A3899

駅の中は線路含めて自由に見れるようになっています。
人もそこそこ少なくて、写真撮影的には非常に面白いところでした。

1P6A3903

ダンボー 旧駅舎を行く。

1P6A3920

奥にはSLが止まってました。

1P6A3926

ダンボー置き放題じゃないですかヤダー

1P6A3929

ダンボー SLを見る

1P6A3946

運転席魚眼

1P6A3958

線路に降りるところの階段には兎モチーフが。

1P6A3971

ダンボー線路を行く

1P6A3976

改札ダンボー
(切符が宝登山なのはご愛敬)

1P6A3984

窓から。

1P6A3997

木の質感がたまらんですな。

1P6A4028

建物内を魚眼で。

魚眼先生楽しいです。

そんなこんなで写真撮影を満喫した後、松江方面行きの一畑電車が出る時間だったので
駅に戻って電車に乗りました。

1P6A4055

前回がレンタカーだったせいで、移動の厳しさを感じなかったのですが
今回は電車とバスだったので、ものすごい移動に不自由しました。
1時間に1本とかが普通なので、ちゃんと計算しないとアウツになります。
ほんと、レンタカー借りれば良かったと 旅館に着く頃には盛大に後悔しておりました。

1P6A4057

宍道湖駅に到着。

1P6A4065

宍道湖をぼんやり眺めつつ、歩いて松江城に移動しました。

1P6A4082

松江城には行かずに、前回1周できなかった堀川巡りに突撃してきました。
冬だとコタツも楽しめます。

1P6A4117

ほんとにとおれるんかいwっていうぐらい低いところを通っていきます。

1P6A4145

1周1時間ですが、あっという間に過ぎてしまいました。
今回はこの船に乗るためだけに松江にやってきたので、無事目的を果たせてホッとしました。

その後は、今夜の宿に向けて松江駅から米子に向かうためにタクシーで駅まで向かいました。
が・・・松江駅からの電車時間を見誤ったせいで、松江で1時間足止めになりました。

なんとか米子駅に到着して、米子からはバスで皆生温泉に行きました。

1P6A4150

なんとか6時にお宿の皆生温泉シーサイドホテルに到着。

1P6A4151

部屋からは海が一望できました。

ご飯の時間まで部屋でダラダラして、今回の旅行の旅の目的である蟹の晩ご飯に突撃しに行きました。

1P6A4157

ボイルガニ。
見た目の破壊力がばつぐんだ!

1P6A4159

前菜やら。

1P6A4164

こんだけぷりっぷりの蟹刺しは初めて食べました。

1P6A4168

ボイルガニの甲羅の中身は蟹味噌たっぷり

1P6A4174

焼きガニ

1P6A4180

蟹鍋

1P6A4185

テンプーラ

1P6A4187

蟹味噌の茶碗蒸し

1P6A4190

〆の雑炊

1P6A4194

ラストはデザート

こんな感じで、
人並み以上によく食べる私ですが、もうこれ以上たべれんわ!!というぐらいに
蟹を堪能し尽くしました。
ズワイガニ2杯分の破壊力はばつぐんだ!!
正直、過去の旅行で食べた飯の中では最上位と言って良いぐらい美味しかったです。

やっぱり、美味しいモノを食べると元気になりますね。
年1~2回ぐらいは、少し高めでも贅沢な飯を食べる旅行を挟んでみるのも悪くない気がしました。

食後は、しばらくお酒が抜けるのを待ってから温泉にノンビリ入ってそのまま爆睡でした。
やはり夜行バスでの旅は疲労がやばいです。

翌日、鬼太郎ロードに続く!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*