1P6A2892

ツアーで行く 白川郷ライトアップツアー1泊2日 白川郷ライトアップ編

さて、神戸に続いて先週の土日は クラブツーリズムのカメラ撮影ツアー

白川郷内に宿泊でゆったり撮影!宵闇に浮かぶ白川郷ライトアップ

に参戦してきました。

実を言うと、このツアーは去年・一昨年と2回申し込んだモノの資金不足で断念したツアーでした。
通常、白川郷のツアーだと高いのでも2万ちょいぐらいですが6万とちと高めのこのツアー。
ですが、
カメラ撮影がメインのため時間が通常のツアーに比べて長い
白川郷内泊のため、ライトアップを余裕で見物できる
というメリットがあったので、今年こそは参戦してやんよ!!とずっと待ってました。

で。

当方、豪雪地帯とは無縁の生活をしていたので今回の旅行に備えて装備を調えました。

IMG_20150106_213507

まずスノーブーツ
デザインと性能の釣り合いを考えてコレにしてみました。
防水もばっちりで中も暖かく、立派に役目を果たしてくれました。

IMG_20150107_215142

新入りレンズのフィッシュアイさん。
キワモノすぎて使い所の困る筆頭ですが、個人的にはいずれパノラマのHDRとかもやりたいので
いつか分かっておきたいレンズでした。

DSC_0187

本体にかぶせる雨よけ。
雪ふるのの対策として買いました…が、正直『ないよりまし』程度の代物です。

その他、服装はすべてユニクロのヒートテックでかため
ホッカイロを購入し、どんどこいや!!という状態にしました。

集合が朝7時半新宿…だったので、事前に調べた道のりの埼京線経由で向かおうとしました。
が、ついうっかり平日ダイヤで調べていたせいで予定していたバスに乗れないことが判明して血の気が引きました。
旅が始まる前に終わる!!と、慌てて調べ直し 西武新宿線経由でレッドアロー使えば間に合うことが判明したので、大荷物を引きながら駅まで小走りに移動しました。

IMG_20150117_072558

何とか無事到着して、お昼の駅弁を購入してしばし待機。
今回はライトアップもあるので三脚つきです。
三脚もケースだけではなくストラップも新調しました。
ただしGITZOのストラップが評判悪かったのでVelbonのストラップ(L)にしました。
移動中は鞄の方が良いですが、撮影中はストラップで持ち歩くとバランスがよかったので、
これからは撮影中はストラップ移動にしてみようとおもいます。

IMG_20150117_100349

8時のスーパーあずさ松本行きに乗って移動。
このツアーは撮影の旅と歌っているだけあって、撮影をメインに日程が組まれています。
そこら辺はカメラ持ちでカメラメインで動くなら当然じゃ!!と思うところですが

まさか撮影優先するために夕飯が3時半

とかは想像の範疇を超えてるwwwwwと、添乗員さんの説明を聞いて吹きました。
しかしさらになにがすごいというと、「それもしかたないね」という空気があったところ。
カメラ好きのバイタリティはんぱねぇよ…(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
装備も皆様ガチで、私すらびびるLvでした。
まだまだ修行が足りませんね。

1421463496319

松本駅から沢渡~平湯を経由して白川郷へ向かいます。
松本からだと3時間ちょいぐらい…想像以上に遠いですね。
沢渡までは何度かきてますが、冬だと別の場所のようでした。

途中平湯のお土産屋さんで夜に飲む日本酒とかおつまみとかカップラーメンとかを仕入れて
無事白川郷到着。

DSC_0183

今回宿泊の城山館に到着。
ついたら部屋に荷物を入れて一息ついて夕食へ行きました。
今回は宿が相部屋でした。
私が泊まった部屋は、庭に面した景色の良い部屋で、トイレやお風呂も部屋の中にある
たぶん宿で一番良い部屋だったんじゃないかと思います。

IMG_20150117_152058

晩ご飯は飛騨牛の陶板焼きがメイン。
3時半ですが、お昼を食べたのが10時とかだったのでお腹がすいてたので普通に食べれました。

食事をしながら先生のレクチャーがありました。
そのときに教えてもらったテクニックが 『フラッシュをはずして使う』ということ。
雪撮影にフラッシュを使うというのはしってたのですが、外してテストランプを使ってあてるというのは目から鱗というか( ゚Д゚)ポカーンでした。
が……分かってたのにフラッシュを忘れた間抜けのせいで、先生に手伝ってもらった1回以外は撮影できませんでした。

そんなこんなで食事を終えたら準備して、撮影スポットに移動しました。
が…今回、地元の人すらびっくりするぐらいの雪と風で これまともに撮影なんかできるのかよ状態。
ですが、撮影するためならがんばるのがカメラ屋のメンタリティ!!
ということでがんばりました。

DSC_0185

有名な三等並んでるスポットに1時間前ぐらいから場所を確保して待機。
向かい風の強風+雪 に体力をごっそり持って行かれ 帰りたいという心と葛藤して何とかこらえにこらえ…

1P6A2886

キタ━(゚∀゚)━!

雪でかすんでるけど…なんとか撮れました。
写真ではわかりにくいですが、このときもかなりの雪できつかったですが…絵が出てきてよかったです。いやほんと。

1P6A2892

フラッシュを使用した雪ボケ表現。
コレを見た瞬間に、来年はフラッシュ装備で来るんだと心に決めました。

1P6A2895

三脚が凍り付いてて冷たくて持ち歩くのも苦労するし、レンズに雪積もるし、ところどころ踏み固められてない雪の溝にはまってずぼっとなったりするし…あまりにもハードすぎて撮影枚数は80枚(ミスってシャッター押したのも含む)程度、まともに絵になってるのはほんのわずかな状態でしたが
普段行く旅行では絶対出会うことのないであろう神秘的な景色を拝めて なんだかんだでライトアップ終了のときまで撮影していました。

1P6A2923

今回は、ライトアップ初日+吹雪のせいで 普段の時に比べると非常に人が少なかったらしいです。
それでも帰りのシャトルには行列が出来ていたし、ツアーバスもかなりの数来ていたきがします。

そんなこんなで旅館に着く頃にはボロボロ…だったので、とりあず休むために温泉に入ってダラダラして部屋に戻りました。
城山館には温泉はないのですが、徒歩1分にある白川郷の湯という所の入浴券がついてます。
この温泉がものすごーく入るとツルツルになって気持ちが良かったです。

宿に帰ってからは相部屋の人と今までに行った旅行先の話とか、カメラ屋的メンタルの話やらで盛り上がり、なんだかんだで12時近くまでおしゃべりしてました。
翌日は6時から朝食という、これまた普通のツアーではあり得ない日程だったのではやくねないとーと思ってたのですが、同じ趣味を持ってる人とこうやって話す機会もめったにないので
なかなか話は途切れませんでした。
これも旅の醍醐味というモノですね。

過去、1週間で130km歩くとか 7時間18km吉野で歩くとか 朝6時から夜22時までサイクリングと歩行で動きまくるとか そういう足の筋肉を酷使するような旅行は何度もしましたが
正直過去経験した旅行のどれよりもしんどかった気がします。
ほんとカメラやるには体力が無いとムリだなと痛感しました。

翌日、早朝撮影・五箇山編に続く!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*