[Maya] タイルテクスチャのアニメーション用アトリビュートを作る [Pymel]

ゲームなんかのエフェクト連番を作るときに面倒だったので、
タイルテクスチャのOffsetを制御するアトリビュート作成コマンドを作ってみました。

以下詳細。


 

こんな風に、タイル上に画像が並んでいるテクスチャで、アニメーションする時に便利な
アトリビュートを作るPymelコマンドを作ってみました。

place2DTextureを選択して、コマンドを実行すると 2DTextureノードに Split と Num アトリビュートが作成されます。
Split は、1行あたりの連結画像数(上の画像でいうなら7)
Numは、アニメーションをつける様のOffset。
スクリプト内部では、 offsetU V にセットする値を計算するExpressionを生成しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*