1P6A6684

千葉 保田漁港ばんや食堂に行ってきた

1月12日の日曜日に、両親と3人で 千葉県保田漁港にあるばんや食堂に行ってきました。
かなり有名な食堂で、昼頃に行こうものなら、そもそも駐車場にもまともに止められないというかなり有名なところらしいです。
ので、いつも通り朝5時半に家を出発して、首都高からアクアライン経由で保田漁港へ。

 

朝7時半頃に海ほたるに到着。
あまりにも早く着きすぎたせいで、お店がほとんどやっていない(´・ω・)
それでも結構車がありました。三連休の中日なので、昼頃にきたらキット大変なことになってるんでしょう。

うみほたるの鐘。

 

窓からの景色を見ながら、あさり肉まんを食べてQK。
20分ほどのんびりしたあと、それまで運転してきた父親と交代で、私が運転しました。
首都高怖すぎて運転出来る気がしませんでした。

ほとんど高速だったので、特に問題もなく現地に到着・・・したのですが、初めての対面通行の高速道路で怖かったです。
特にトンネル。
なんか道沿いに走っている気がしなくて、どんどん対向車側によってるんじゃないかという恐怖感に襲われて震えました。
運転怖い ガクガク(((( ;゚Д゚))))ブルブル

9時ちょっと前に第一の目的地の保田漁港に到着。
さすがにこの時間だと駐車場もまばらでした。
ばんや食堂がオープンするまでは時間がかなりあったので、車の中でオープンまで待機しようとしたら
「もう受付やってるよ」
と、地元のおっちゃんっぽいひとに教えてもらってお店に入店、受付して席で待機しました。

オープン前は、まず受付で席を指定されて指定された席に座ります。
9時半のオーダー開始10分前ぐらいに、メニューディスプレイに、その日のメニューが表示。

こんな感じ。
まず、テーブルの上にあるオーダー用紙に注文したいメニューと個数、定食かどうかを書き込みます。
オーダー開始時間になると、入店した(受付した)順番に店員さんが注文用紙を回収していきます。
我が家はわりと早めに入ったので、早いうちに注文完了しました。

オープンの9時半には、ほぼ満席で待ってる人で入り口が溢れてるぐらいでした。
何コレ怖い。

 

お刺身三種盛り。
脂がのってて、濃厚なお刺身。
スーパーとか回転寿司のお刺身って、みずっぽくて解凍したばかりだとシャキシャキしてて(´・ω・)だったりすることも多いのですが
とにかく味が濃くて(゚д゚)ウマァーでした。ここまで美味しいお刺身ははじめてかもしれません。

 

たこの唐揚げ。
今回食べたののMVP。柔らかくてモチモチしたタコに、ほどよくサクサクした衣でとにかく旨い。

 

私が食べた海鮮丼。
(゚д゚)ウマー

 

父親が頼んだイカのかき揚げ丼。
大きさ分かりづらいかもですが、かなりの量でした。いかのかき揚げが2枚のってます。

他の人の料理を見る限り、揚げ物関係がどれも値段の割に量が多く うっかり注文を間違えると
量が多すぎて食べきれないって事になりそうです。
見るモノすべてがおいしそうでついついいろいろ注文したくなります。

お店を出たのが10時半頃だったのですが、そのころには店の外まで人がいて
駐車場は満車でした。
メニューも売り切れが結構出てたので、昼頃に来ると食べれない可能性があります。
ヒィ・・・

その後は、近くにあるのこぎり山にいってきました。

 

石切場後なので、すごい断崖絶壁感。

 

奥には石の仏様。
かなりでかいです。

 

横から見ると、かなり危険な感じの見晴台があります。

 

↑から下を見た写真。
高所恐怖症のひとがみたら確実に失神しそうです。

一巡りしてから、保田漁港周辺からは離れて 千葉市にある ホキ美術館に行ってきました。
写真と見間違うような写実絵画の美術館で、一時は人気が高いせいで駐車場に入れないぐらいだったとか。
写真好きの3DCG屋としては 写真と同じ絵にはいまいち魅力を感じないひねくれ者の私ですが
そんな私でも震えるような絵が何作品かありました。
人物画だと 島村信之さんの紗の肌の質感すごいです。
静物画だと 五味文彦さんの作品。
なんというか、写真のその先にあるものを写し撮ってる感じがしました。不思議です。

そんな感じで、1時過ぎ頃に千葉を撤収。
東金道路経由で帰りました。

次のお出かけは、ほとさんの蝋梅が咲く頃でしょうか。
寒すぎ+体調不良で、最近写真を撮りに行ってないので欲求不満たまりまくりなので
横浜か浅草近辺にお出かけしたいのですがはてさて….

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*