1P6A4310

【秋旅行4週目】 ダンボーと行く 秋の京都一人旅 前半戦 1日目

夜行バスで6時45分に到着後から。
初日は、出町柳経由で叡山鉄道周辺をまわります。

宿泊が修学院駅、行き先が貴船口~鞍馬、時間があればそれ以外も回りたかったので 今回は一日乗車券を買ってみました。
出町柳~鞍馬で410円、往復で820円、途中寄り道とかするとすぐに1000円を超えてしまうし、このチケット持ってると割引があるところもあるので
貴船~鞍馬方面回るのなら、えぇきっぷを買った方がお得だと思われます。

ちょうど、外を眺めるのに最適の きらら号が来てたので、それに乗って貴船口へ。
今回は、貴船口スタートで、貴船神社~鞍馬寺間の道をぬけて、鞍馬駅に戻るコースをたどりました。
貴船口駅から貴船神社まで、およそ2キロ 歩いて30分ほどかかるので 通常はバスがでてるのですが
到着時間8時半だとバスはやっていない(9時が始発)ので歩きます。

2キロは長いとはいえますが、途中もみじが綺麗だし 道も上り坂というよりほぼ平地なので
散策がてら歩いて行くほうが楽しいです。

色づきは5分ぐらい、盛りにはまだちょっと早いかな?という感じでした。

全体的に、今年は色づきが悪いらしく 黒い斑点がまだらのようにでていてちょっと怖い感じになってたり
色づく前に枯れてしまっている葉っぱが結構あってちょっと残念な感じでした。
貴船~鞍馬に限らず、今回行ったところは全体的に同じ傾向でした。
この手の環境に影響されるモノは、今年の吉野の桜といい難しいですね。
逆に、毎回違うから毎年行きたくなってしまうのですが。

貴船神社着。
時間は朝の9時だけあって誰もいません。
私以外は数える程度、すこし様子をみて人がいなくなるタイミングを見計らえばこんなかんじで
人無しの階段もとれます。
日中もこれぐらいなら良いのに(´・ω・)

ダンボー貴船を行く

人がいない

まだら(´・ω・)

べびーちゃんで遊ぶ

そんな感じでしばらくのんびり撮影して、時間は11時半。
ここでご飯を食べないと、食いっぱぐれそうなので 夏にパフェを食べた貴船倶楽部でお昼ご飯にしました。

京湯葉ごはん

そして食後はお約束のパフェ。
(゚д゚)ウマー

食べ終わったら、ゆるゆると鞍馬にむけて出発します。

山道の途中にあったうねった木

倒れた古木に落ちるもみじ(の枝)

木の根の道。

序盤の奥の院までの道がけっこうきつい上り坂なのですが、それが終われば平地~下り。
夏の旅行ではこの逆パターンで、鞍馬寺の門から本堂ぬけて奥の院まで登り だったので、夏の暑さを差し引いても今回のほうが遙かにらくに感じました。
電車的にも、鞍馬が始発なので 出かけるなら貴船スタートのほうが良いかもですね。

鞍馬寺本堂近くの展望台からの景色。
やっぱり盛りまではちょっと早いかな?

苔ともみじってとても合う

その後、鞍馬駅で叡山鉄道にのって、岩倉駅に移動して 床もみじで有名な実相院に行ってみました。

が、有名な床もみじは撮影不可+もみじが(´・ω・)映り込みも(´・ω・)でした。

縁側からお庭をとるのはOKでした。

石庭側からお庭。

と、実相院は微妙な感じだったのですが その向かいにある公園のもみじがイイカンジになっていました。

真っ赤なのも良いですが、こういう赤くなりかけてるもみじも好きです。

公園でしばらくとったあと、その近くにあった岩倉具視のお屋敷?に寄り道。
ガイドのおっちゃんの説明付きでした。

人が少ない割に、なかなか綺麗なところでした。

そんな感じで時間は4時半、本当は貴船のライトアップに行こうと思ってましたが、体力の限界がきてそのまま修学院駅に移動してホテルにチェックインしました。


View Larger Map

歩数が2万歩と、自分比では少ない方ですが 坂道が多いのと
朝7時から動き続けだったので、ホテルについて一息ついたら速攻爆睡でした。
朝7時スタートだと、17時あたりに明らかにデッドラインがあります。
この間の広島のように、夜間撮影をメインに据えないかぎりはテンションあげててもデッドラインは越えられません(´・ω・`)

メインの行程以外で。

今回は、はじめて 昼間の時間帯でソフトン(A)フィルターをつかってみました。

通常はこんなかんじなのが

 

ほぼ同位置・同時刻の撮影でこんな感じになります。
夜景でつかうといいのかな?と思ってたのですが 晴天の昼間とかに使う方がより効果があるんですね。
使い方次第ではもっとイイカンジになりそうなので、いろいろ研究してみようと思います。

翌日、2日目は大原三千院 に続く!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*