export (4)

秋の西沢渓谷ハイキングに行ってきた

西沢渓谷の紅葉が見頃とのことだったので、家族3人で行ってきました。

間違いなく混みそうだったので、朝5時に家を出発して秩父経由で西沢渓谷に行きました。
近くの駐車場はこの時点でほぼ満車だったので
ちかくの道の駅に駐車しました。秋の紅葉時期限定で、道の駅は有料駐車場(500円)になるようです。

8時半頃に出発してゆるゆると歩き始める。

 

はじめはコンクリートで舗装された道で、途中から細くなり、それなりに急な山道 or 岩 を登ります。
鎖を伝って歩かないと足元ツルッツルで危ない箇所も有りました。
小さいお子さんとかも結構きてたのですが、甘く見てるとけがをするかも?しれません。

 

水が青いというかエメラルド色でとても綺麗。
序盤は川沿いを歩く感じで、↑のような滝がちらほらあります。

 

紅葉は終わりかけぐらい、先週とかのほうが綺麗だったかもしれません。
とはいえ、水と空の青、色鮮やかな木々は一見の価値ある素晴らしい眺めでした。

 

朝一でいったのですが、それなりに人がいました。
鎖を掴まないと足元とられそうな道も多くあるので、そういうところは渋滞になっているところもありました。
ツアー客がまだいない段階でもそうだったので、10時すぎとかに出発した場合は渋滞が多発して
予定所要時間4時間となってますが、それ以上はるかにかかるんじゃないでしょうか。

そんな感じで、急な道もあるけれども基本そんなにきつくないので写真とりつつゆるゆると登ってたのですが…1時間過ぎたあたりからトラブル発生。
当方、持病で腹痛をもってるのですが 突如腹痛がおきて脂汗書きながらふらふらに。
登るにしても後1時間、戻るにしても1時間…これどうすんだよヽ(`Д´)ノウワァァァン!!という感じで、まじめに生きた心地がしませんでした。
もちろん、写真をとってる余裕もなく とにかく一刻も早く頂上の休憩所まで辿り着かないと…というので
一番有名な五段の滝とかもほぼスルー
写真とるのが生きがいみたいな私にとっては、最高の景色を前に感動することも写真をとることもできず
必死に登り続けるしか無いというかなり残念な状態になりました。
途中で、あまりにも必死にのぼっていたせいか(顔色も悪かったんだろうか)
「そんなに慌てないで、ゆっくり登ってきなさい」と、優しげにおばちゃんに言われたものの
すまん・・・それどころじゃないんだ・・・orz と、先を進みました。
そんなこんなでなんとか頂上にたどり着いて一段落したものの、そこから戻って写真とる気にもなれず
下山中、再発に怯えながら(実際またひどくなった)もなんとか車に戻って
そのまま寄り道せず自宅に帰りました。
ひどい目にあったorz

そんなこんなで、「なんか綺麗だった…気がする」という悲しい感想しかないので、来年はきっちりリベンジしに行きたいと思います。
遠出するときは薬持ってかないと危ないですね…いやまじで。

今回、幸いだったのがカメラを本体のみでフルセットを持って行かなかったこと。
これフルセットに三脚を持ってたら確実に死亡フラグだったと思います。

ハイキングの難易度的には、御岳山とほぼ同じ感じかなぁと思います。
とは言え、水量が多いと一部水没しているところもあるし、水に濡れてつるつる滑る岩場の上りとかもあるので、うっかり普通の靴とかで行くと痛い目を見ると思います。
一部、ヒールのある靴とか革靴とかで着てる人もいる(というかいた)のですが、あまりにもナメすぎてるというか「死にたいんですか?」という気がしてなりません。

カメラ周り。
今回、CARRYSPEEDという新しく新調したストラップで行ってみました。

肩パッド部分がかなり分厚く上部で、かつ滑らない仕様になってます。

 

ストラップは、三脚取り付けるところにクイックシューみたいなものをつけて、そこのボール型金具にストラップを固定します。
たすき掛けにすると、ちょうど足のあたりにカメラが来るようになり、レンズが下をむくためじゃまになりません。
5Dm3に24-105Lで1.6キロぐらいあるのですが、ほとんど負担にならず非常に楽でした。
下げた状態から撮影体制に移行するのも非常に早いです。

 

合わせて、グリップも新調。
なにもないときに比べるとかなり安定します。

撮影時の肩の負担のでかさは最重要課題でもあったのですが、これのお陰でだいぶ解消しそうです。

CARRYSPEEDのシューは、アルカスイス規格というのでできているらしいので、新調予定の雲台もこれに対応しているのにしようかなーと考えてます。
候補は最近発売したらしいマンフロットの自由雲台あたり気になってますが、自由雲台あんまり好きじゃないので、ギア雲台のアルカスイス改造版とかがいいなぁでも高いなぁとか迷い中。
三脚とあわせて「これだっ」てものになかなか出会えません。
1月の白川郷までには新調したいのですが…ううむ。

View Larger Map

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*