akira110の結婚式に行ってきた 挙式編

というわけで、某マスターの結婚式本編。


前日に群馬入りしていつもの通りmkzk家で1泊お世話になり 朝6時おき、6時半出発。
前日も速攻爆睡したわけですが、今日も途中で意識吹っ飛んで気がついたら新潟のどこかのパーキングに到着。
完全にワープ状態。

そのインターで、名古屋から参戦のにむさんと合流してみんな揃って会場入り。
それからドレスに着替えてしばらくまったり。

自分で言うのもアレですが、私のドレス姿というかスカート姿なんぞこんな機会がなければまずお目にかかれない姿。
最高に違和感ありまくりです(´・ω・`)
あと、接客バイトしているとき以外はあまり化粧をしないのでたまに化粧をするとベタベタヌルヌルで気持ちが悪いです。
さらに、ヒールの高い靴もほとんど履かないので歩きづらくて仕方がないです。

そんなこんなで式まで待機、その間に北海道から参戦のMrと岩手から参戦のShistさんと合流。
そして挙式。

新郎入場でakira110登場 笑いをこらえていたけど、当人がこっちみながら笑いをこらえてるの見てこっちも吹き出す
アレで笑いを堪えるのは無理だってもんだ。
それ以降は特に面白い事もなく、普通に式が進行 かちこちしてる新郎がなかなか珍しい。

式が終わったら、全員で写真撮影。
そしたら、後ろの方に並ぶときに「壇上のぼっていいすかwww」→OK! となり、メンバーの半数が壇上に。
写真で盛大に目立つという面白い自体になりました。相変わらず。

結婚式参加はこれで3回目(中学時代の友人の結婚式、姉貴の結婚式、そして今回)だけれども、歌う賛美歌やら、音楽隊の編成やらいろいろと違う。
今回はパイプオルガン+オペラ歌手?で、歌う曲も知らないの2曲だったけれども、
姉貴の時とか中学校の友人の時は、まだ知っている曲で曲数ももうちょいあった記憶がある…このへんのルールというか決まりごととかって流派みたいなおのがあるのだろうか。
とかそんなことを考えながら、披露宴の場に移動。
ここからがカメラマンの本番

というところで次回に続く。 
挙式までの内容だとそんなにネタがないな(´・ω・`)

2 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*