Mayaリギング本の感想など

 

今日発売のMayaリギング本買ってきたので、ざっくり感想など。
一応、リギングもやるテクニカルアーティスト視点なので、多少難易度の感じ方に差があるかもしれませんが
購入するかどうか考えてる方の参考になれば。

ターゲット層

個人的には、3DCG系専門学校の1年終わり頃(2年制ならもうちょい前かな?)、アニメーションの実習が始まるぐらいの学生さん あるいは、モデラー・アニメーターで、リグ作成をあまりやったことがない人
だと思います。

すでに、ある程度リギングをやっていたり、テクニカル方面をやっている人にとっては、おさらいにはなるかもしれませんが、新しく得られるものはそこまで多くないかな?

本の難易度について

公式的には、Maya中級以上となっていますが、個人的には初級の範囲なんじゃないかなぁと思います。
範囲はね。
↓にも書きますが、文体が妙に厳しいというか、淡々としているというか、そのせいで初めての人を寄せ付けない感じになっている印象を受けます。

ジョイントを入れたり、スキニングしたり、基本的なIKを張ったり、簡単なコンストレインやコネクションを張ったり、Mayaを触って半年ぐらいの人ならばわりとなんとかなる範囲でまとめられていますし、
サンプルありのチュートリアル形式なので、サンプルを触ったり、そのまま真似をするだけでも良い勉強になると思います。
なかなか日本語のチュートリアルもサンプルもないリギング分野にとっては、良い取っ掛かりになるんじゃないんでしょうか。

Maya初級~中級、リグ初級 そんな感じです。

良いところ

日本語の参考書や、参考サイトも少ないリギングの本
しかも、サンプル付き、チュートリアル形式なので、内容を追っていけば、ひと通りのリグの作り方がわかるようになっているところが良いと思います。
使用している機能なども、使用頻度の高いものを抑えているので
(SplineIKを使った背骨の構造、リバースIKを使った足の構造 等)
リギングをさらに学ぼうとする上での、基礎としても良いのではないかと思います。

Helpを活用

本の全般に言えることですが、本と内容と合わせてMayaのHelpを活用すると良いと思います。
本の内容だけだと、少々ノードの説明などが浅いかな?という気がします。
各種機能の説明はもちろん、ノードと、それに含まれるアトリビュートの解説等、Helpのほうで補完すると
わかりやすいんじゃないでしょうか。
いろんなMayaの解説本が出てはいますが 結局一番良い説明書はMayaのHelpだと思うので、わからなければすぐHelp!!ぐらいの気持ちで。

ちょっと気になること

元が英語の本だからある程度しかたないとおもうのですが、文の口調が ものすごーく翻訳しました!!! という文調になっています。
あと、説明口調が非常にキツイので、やってる内容はそこまで難しくないはずなのに
なんとなーく嫌厭してしまうというか、開いて読もうとしてそのままそっと閉じる 的な印象を与えてしまっているのがちょっと残念な気がします。
MayaPython本はそこまで感じなかったんですけどね。
翻訳者さんのクセ?なのかもしれません。

2足歩行のサンプルが鳥

キャラクターセットアップ的には、背骨のスプラインIK、羽の構造等、説明しやすいところもあるのですが
足が逆関節だったり(逆関節でも、リグ的にはあまり差はないけど)、腕周りも人間とは多少違ったりしているので、セットアップの基本を説明するのにはどうなのかなぁと思います。
ここは素直に人にしとけよ(;´Д`)

総評

私は、常々言っていますが、 モデラー専門で食っていこうって人も、アニメーション専門で食っていこうと言っても、リギングがある程度できないと最適なものって作れないと思うんです。
ある程度大きなところだと、独自の高性能リグが用意されていたり、分業制でアニメーターがリグ作成をする機会は少なくなるのですが、
やっぱり全く知らないだと、関節位置の割り方が残念なコトになったり、ポーズを付けた時にかっこ良くならないモデルになったりしてしまいます。

とは言え…やっぱり、リグってなんか難しそう、分からない って思う人も多いと思うし、今回みたいな本が出ても、文章読んでもわかんねーよwwwwって思う人、挫折する人も結構いると思います。

が、サンプルも大量にあり、それに対しての説明も揃っているので、
とにかくサンプルをいじる、いじり倒す
そして
とにかく真似する、ハイパーグラフで親子構造、コネクションなどをとにかく追っかける
をすれば、必要な内容が取得できると思うので、めげずにがんばりましょう。
諦めたらそこで試合終了ですよ?

私も、とにかく真似して覚える・構造追っかけてみる+スクリプトガン見 の繰り返しでした。
CGやるなら通らなければいけない修行だと割りきってぜひともトライしてもらいたいです。

だらだらと書いてしまいましたが、とにかく
リギングやったことねーよヽ(Д´)ノウワァァァン!!って人には6000円分の価値がある本なので買い。
すでにひと通り組める人には、基本のおさらいぐらいなのでまぁ買わなくてもいいかなと思います。
とりあえず本を手にとってパラパラ読んでみて見ることをオススメします。

一応、書かれている内容の範囲のものは説明できると思うので わかんねーよヽ(Д´)ノウワァァァン!! っていう方がいれば、Twitterなり、Blogのコメントに書いていただければ説明できると思いますので気軽に声を書けていただければズサーc⌒っ゚Д゚)っ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*