個人的に思う、CGの勉強順序

専門学校だと、当たり前のように モデリング→アニメーション→エフェクトとか みたいな順序で授業が進んでいると思うけれども、
スクリプト(Mayaの内部基礎を覚えるため) → アニメーション → セットアップ(Expression) → モデリング のほうが理想の順序じゃないかなと思います。

理由は色々とあります。

特に人体モデリングをする場合の話ですが、アニメーションやジョイント配置を知らずにモデリングをすると、アニメーションさせたときに綺麗に曲げられるモデルが想像できないと思うんですよね。
もちろん、教えてもらいながらやればわかるかもですが やっぱり自分で動かしたほうがよくわかります。
なおかつ、人が作ったモデルを動かすことで メッシュの観察にもなります。
どういうふうに割られていて、どう曲がっているのか そう言うのを学ぶ意味でもアニメーションからやる意味って大きいです。

そのつぎのセットアップ。
行程的にはアニメーションの前作業で、アニメーターができたほうが良いスキルの1つではありますが
これも基本アニメーションを一度学んでからやるととっつきやすいものです。
アニメーション作業で「どう動かしたいのか」「どう動くと効率がいいのか」を知らないとセットアップはできません。
学生時代に、モデリングやった後にアニメーション前にちょっとセットアップをやったけれども 正直言って全くわかりませんでした。
動かしたこともないのに手順だけ説明されても混乱するだけです。無理です。

今まで疑問に思ったことがないけど、なんで専門学校ってモデリングからの授業になるんだろうなぁ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*