cg 勉強でうちのBlogが引っかかってるようなので

私が思う 働く前に、勉強しておいたほうがいいことをちょろっと書いてみます。

【CG 勉強】なのに「どこが?」と思うかもしれませんけど(ソースは学生時代の私)
仕事としてCGをやる上ではいずれどこかでぶつかる(できないと、大きな壁になる)ものだと思うので参考にしてみてください。

まず第一に、 タッチタイピング(キーボードを見ないで文字を打つ)これは、CGの仕事以外の仕事についた場合でも必要なスキルになりますが、CGの場合は デザイナーも含めてほぼ必須のスキルだと思います。
仕事を始めると、メールでやり取りをするケースもありますし、マニュアルを作る必要が出ることもあります。
ネットで調べ物をするにしても、文字をうつケースはかなり多くなります。
そうなったとき、タイピングができないというのは想像以上のハードルになります。
ので、タッチタイピングをできるように練習すること それをすることが仕事をより効率的に、早くできる人への近道だと思います。
私自身の体験でですが、全くできない状態からやっても1日30分ぐらいの練習を1ヶ月も続ければ相当早くなります第二に、PCの基本的な知識
PCはどういうパーツで構成されているのか、Windowsの基本的に設定方法、ソフトのインストールの仕方
できれば環境変数まわりまでわかると良いです。
なぜかといえば、仕事を進めていく上で、よりよい作業環境を整えるのには どうあがいてもPCの知識は必要になります。
自分の作業環境を自分でいじって 自分が使いやすくなるようにカスタマイズする・・・それは仕事をする上では非常に重要なことです。
それができるようになるためにも、基本的なPCの勉強はすべきだと思います。

第三に、数学と英語の勉強

両方共学生時代に挫折した教科なのですが、この2つもCGをやる上では避けては通れない 避けたとしてもいずれ壁として立ちはだかることになります。
3D上での色の計算、バンプマップ・ノーマルマップとはなにか、法線とはなにか、どれも小学校から高校までの数学の知識がないと理解することはできません。
(主に三角関数・ベクトル・行列)
公式を暗記する必要はないですし、基本的な概念だけでもよいのでひと通り勉強するほうが 特に、シェーディングネットワークを組むときなどに強力な武器になります。
私は、高校時代に数学1Aまでしかやっていなかったせいで 学校の授業ではベクトル・行列はやりませんでした。
なので、仕事を始めてから数ヶ月の間 あわてて頭に詰め込みました。後悔先に立たず。。。
もう一つの英語。
調べ物をしていても、3Dに関する記事の半分以上は英語です。
最近ではMayaも日本語版はでていますが、もろもろの事情によりやっぱり英語版のほうが良い、そうなるとError文も英語です。
英語が苦手で英語のサイトを開いたらそのまま戻るボタンを無意識に押してしまう人も多いかと思いますが(私のこと)、そうせずに簡単な文章からでも良いので読めるようにしていったほうが良いです。
情報の取得量が格段にあがります。
余談になりますが、最近のMayaは日本語版も出ていますが 個人的には日本語版Mayaは非推奨です。
正直、Mayaの日本語版の日本語は意味が分からないし(ハイパーグラフみたいにそのままカタカナにされても…)
Attribute名が日本語表記でも、内部的なスクリプト処理は英語なので英語のアトリビュート名を覚えないといけなくなります。
ソースは私。

ちなみに英語は当初、英語みる→サイト閉じる Lvでしたが
基本文法見る→単語辞書をひく で、とりあえずなんとか 恐れずに読むぐらいは(書けないけど)できるようになりました。

最後に、スクリプトの勉強

Mayaの場合、Mel・Python・C++を利用することができますが、そのうちMelだけでも勉強することをおすすめします。
それには2つの理由があります。
1つめが、自分の作業の効率をあげるため
何十回、何百回も同じ事を繰り返すようなことは、CGの業界ではよくあることです。
それを手でやらずにスクリプトでかくことができれば、作業効率はかなり上がります。
2めが、物事の手順を考えるトレーニングをするための手段として。
私たちがなにかをつくろうとしたとき、
まず目的を整理し、それに必要な要素を考え、実際に構築しては修正する というプロセスを繰り返します。
モデリングやアニメーションといった作業でも文章にしていないだけで頭の中で考える必要があり、それができないと 手が止まったり 迷走したりしてしまいます。
スクリプトを書くというのは、言ってしまえば自分の作業を文章に書き起こすというのと同義です。
手順を考えて実行する 物事の順序を整理する そういった能力をトレーニングするためにはスクリプトの勉強をするのが一番です。
覚えるべきなのは、ForとIf、関数の使い方と変数についてぐらい。
それを覚えて、簡単なコマンドを書いてみるってだけで非常に勉強になります。
ソースは私。

書かれているのを見ればわかりますが 基本私が業界に入って私自身が涙したのが↑です。(タイピングとPC設定はもともとできましたが)
まぁ、こういうのって必要に迫られて 初めて重要さが理解できたりするものともいいますけど
出来るととても役立つスキルなので、苦手意識を減らすところから、少しづつでもトライしてみるのが良いかと思います。

余談ですが、タイピングをはやくするのに一番効果的なのはネトゲ。
ソースは私。
プレイしつつ、相手と会話して~とかしようとすると、タイピングが早くないと追いつかないので 気がついたら早くなってました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*