[写真] 六本木ヒルズに夜景撮りにに行ってきた

六本木に勤めて約1年、5Dのテスト+夜景練習がてらはじめてヒルズの展望台に行ってきました。

今回はISOどこまでが実用範囲かテストするために、あえて手撮り+ISOAutoでとってみました。
使用範囲は、大体6400~12800あたり。
ヒルズビルをしたからとったやつが6400、Lightroom5のノイズリダクション前はさすがにかなりノイジーだったのですが、補正をかければそこそこ許容範囲内になりますね。
12800まで行ってしまうと、正直厳しいかな?といったところ。
やはり、夜景をとるのなら三脚は必須だと思います。

PLフィルターは必須

今回失敗したなぁ、と思ったのが ヒルズ展望台の窓ガラス。
77mmのPLフィルターが非常に高価だったので、秋まではいらないかな?と思ってたのですが
窓の反射が強すぎて酷い映り込み。
未対策だと、とてもじゃないけど無理です(´・ω・`)すごい後悔
まじめに対策たててからリベンジしようと思います。

悔しかったので、屋上のスカイデッキまで上がってきたのですが、ものすごい強風だったものの
いい感じに東京の夜景を堪能できて、なかなか良かったです。
抱きあうカップルに辟易しますが!!!

展望台・スカイデッキともに【お客様のカメラで写真とるよー +1枚写真とるよー よければ買ってねー】サービスをしてたのですが、
さすがに5Dm3渡して「よろしく☆」頼むのは非常に申し訳ない気がしたのでやめました。
(フラッシュ持ってきてなかったしNE)

EyeFiの使い心地

今回、EyeFiつけたまま撮影してたのですが、体感の電池消耗スピードが3割増しぐらいになってた気がします。
(2~300枚で電池半分ぐらい?)
EyeFi込で運用するとなると、予備バッテリーは必須な感じですね。
S1サイズのJpegを転送してるのですが、ほとんどラグを感じることなくスマホに送ってくれる(ペンさんの時より気持ち早い気がする)のが最高です。
スマホに送ったものをその場でTwitterやらFaceBookに投稿 というのは、今後もう必須の機能だなーと思います。
コンデジやフォーサーズ機はほぼ搭載してるし、一眼でも6D、70Dみたいな最近発売のカメラはデフォルト装備してるんですよね。
おそらくKissも次世代からは搭載なのでしょう。

そんなかんじで。

次回は三脚+PLフィルターありで、スローシャッターしたりして色々遊んでみようと思います。
職場近くにこういうところがあると楽しいですね。
しかし、スカイデッキまで行くとなると2000円とかとられちゃうので頻繁にはいけないですが!!

次の撮影は、今週土曜日にダンボー展に行くつもりなので、そのついでに渋谷近辺いろいろ散策しつつ撮影してこようと思います。
六本木も、今週どこかでミッドタウン方面行ってみようかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*