kindlePaperWhiteレビュー

今まで自炊した本はスマホやらタブレット端末があればいいやと思っていたのですが、
知り合いがかったKindleを見せてもらったら見やすい上に、目に優しくて本を読みやすかったので衝動買いしてしまいました。

で、数日使ってみた感想をば。

電源を切っている間は、こんな感じでランダムで絵が表示されます。

本一覧。
Amazonで購入する他、自炊した本も読むことが出来ます。
送り方は、指定のメールアドレスに本を添付して送るか、USBにつなげて転送するかどちらか。
メールアドレスで送信すると、Amazonのクラウドに本が保存され、kindleがWiFiにつながっている状態であれば、
自動的にダウンロードされます。
メール転送は便利なんですが、いちいちメーラーきどうするのもめんどうなので、
あとで、ドラッグ&ドロップしたら、勝手にメールを送ってくれるスクリプトでも書くかなぁとか思ってます(´ω)

で、早速本を購入。
購入前に、一度サンプルをダウンロードすることが可能で、ある程度試し読み、試し読みを読み終わると買うかどうか聞かれ
購入ボタンをおすと1発で購入&ダウンロードが始まります。
(;´Д)せめて、確認ページぐらい作ってくれよ…

Amazonで買ったComplete MayaProgramming Volume2。
自炊した本のように、ただスキャンしただけの本なのかなとおもったら、ちゃんとtxt化されていて文字のスケールとかを変更できます。

単語を長押しすると、こんな感じで辞書が起動します。
複数の文字を選択すると、ハイライトをつけるか あるいはWiFi接続されているときならば
翻訳をすることが出来ます。
洋書を読むのには超便利です。

文字アップ。
画面は、明るさ・コンストラストを調整できます。なかなかくっきりしていて見やすいです。

今のところコミックとかは読んでないので、漫画の読み心地はいまいち分かりませんが
文字を読むことに関しては、かなり良い端末だなと思います。
目が疲れないし、自炊したPDFなんかでも読みやすいです。
これで本を読むようになってから思ったのは、タブレットでの読書は思いの外目が疲れていたんだなと言うことでしょうか。
おかげで、たまりにたまった本の消化が捗ります。

これだけ褒めておいてアレですが 難点、というか問題点が1点あります。
自炊した本を読もうとすると、かなり頻繁にメモリー不足で落ちます(´・ω・`)
基本、Amazonで購入したものを読むもので 自炊本はなかなかきわどいです。

こんな感じで、8000円と 安いとも高いともいえない金額のガジェットですが、個人的には買って良かったと思ってます。
本を読むのが好きな人、タブレットで自炊本を読んでいる人にはなかなかお勧め出来る商品です。

Kindle以外の対抗だとSONYのかKoboとかもありますがどうなんでしょう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*