[写真] DSLR Controllerを試してみた

EOSシリーズの画面をAndroid画面に出力出来るアプリを導入してみたので感想をば。

7D側はMiniUSB スマホ側はMicroUSBをOTGケーブルで変換して接続してアプリを起動すると
こんな感じでカメラの映像がスマホに表示させることが出来ます。
フォーカスの調整含めて、F値・ISO・ホワイトバランス等々一通りスマホから調整することが出来、
さらには、ズーム機能付き。
シビアなMFでのフォーカス調整もかなり楽にこなすことが出来ます。

左側にあるボタンと、画面下のISO・露出のパラメーターを押すと こんな感じで設定変更画面がでてきます。

露出の変更はこれ。

ズームして、<| と |> でかなり細かくフォーカスをコントロール可能。

アプリ上からシャッターが押せるので、レリーズとしても使えます。

今回はNexus7で試しましたが、広い画面でピントが合わせられてすごい良い感じでした。
三脚をたててがっつり撮影したいときとか、ローアングルで撮影したいときとか、かなり強力なツールになってくれる気がします。

アプリは649円と、Android的にはやや割高感はありますが、
ケーブルと合わせても1200円でディスプレイ付きのレリーズになると考えればなかなかお得な買い物だとおもいます。

さらに、6DとかだとWifi経由で接続できるみたいで それができれば遠距離からさらに夢が広がりんぐです。
ちょっと6Dがほしくなりました(´・ω・)

三脚たててがっつり撮影がしやすくなりそうなので、ベルボンのジオカルマーニュほしい熱が再発してきました。
ウルトレック45Lもコンパクトで便利なんですが、7Dと大口径レンズとフラッシュをつけるとかなり安定性が怪しくなるんです。
まぁ、冬の間は水系を取りに行くことがなさそうなので、桜+新緑の頃まではいらない気もするんですけどね。
おまけ

Nexus7の純正ドックが売ってたので、買ってみました。
USBにさす手間がなく、なにより横置きできるので非常にイイカンジです。
机の上用に1つ買ったのですが、枕元用にも1つ買おうかちょっと迷います。

追記。

三脚にNexus7を固定するためのパーツが届いたので早速試してみました。

BeatSonicのQBA35と、QBH3 の組み合わせなのですが、写真の通りイイカンジに固定できます。
パイプに固定する方は、わたしの持ってる三脚的にはQBH1という1つ下のサイズでことたりるのですが
今後ジオカルマーニュとか手を出すと下のランクだとはまらなそうなので、先を見越して大きいのにしてあります。

来年2月に白川郷ライトアップ写真撮影ツアーがあったので、申し込んでみました。
その頃にはジオカルマーニュ仕入れて、本気の三脚撮影なんかも開始してみようかと思います。
その次は新緑の頃の御嶽山かな?
年末年始あたりにフッジサーン撮影ツアーなんかも試してみたいのですが、なかなか良さそうなのが見つかりません(´・ω・)
はやく車の免許を取って、一人で富士山撮影パーリィ出来るようになりたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*